あそびとおもちゃ

家庭学習教材「Z会幼児コース」の無料おためし教材を使ってみた

こんにちは、ぽこたにです。

Z会というと学習塾のイメージが強いですが、実は家庭向けの通信教育もおこなっているんです。

今回はZ会の幼児通信コースで資料請求をすると無料でもらえるおためし教材を取り寄せてみました!

Z会通信教育の幼児コースの内容、おためし教材セットの中身、そして実際に子どもと使ってみた感想をご紹介します。

Z会以外の家庭学習教材についてはこちらもどうぞ↓

【関連記事】幼児向け家庭学習教材3社を比較したよ|受講料、内容、おすすめ度も紹介

※今回は長女(4歳)のために年中コースの無料サンプルを取り寄せました。

Z会の通信教育 幼児コースについて

Z会 幼児コースの特徴はワークの内容を詰め込むのではなく、子ども自らが考え、「なぜ?」と疑問を持ち、「あと伸び力」を身に付ける教材になっていること。

「あと伸び力」を身に付けるために、ワーク学習とリアルな世界の実体験が混ざり合った総合的な通信教育です。

Z会幼児コース 受講費

12ヶ月
一括払い
6ヶ月
一括払い
毎月払い
年少 1,786円
(21,436円)
1,996円
(11,976円)
2,102円
年中 2,379円
(28,548円)
2,659円
(15,954円)
2,799円
年長 2,420円
(29,040円)
2,705円
(16,230円)
2,848円

入会金: なし
年度途中入会: 可

(※2019年度現在)

「Z会の通信教育」なら1ヵ月から受講できる

Z会のいいところは、なんと1ヶ月から受講できるところ。

つまり、1ヶ月だけおためし受講できるということですね。

年間の受講料を一括で支払う必要もないし、入会金もないので万が一すぐに退会しても、ぜんぜん損にはなりません。

「Z会幼児コース」おためし教材の中身紹介

Z会の通信教育は、公式サイトから資料請求をすると無料でおためし教材がもらえます。

公式サイトはこちら→ Z会 幼児コース

今回は長女(4歳)に合わせて年中コースのサンプル教材を取り寄せました。

Z会の公式サイトの資料請求ページからもらえます。申し込み3日後ぐらいに、届きました。

けっこう重みのある封筒!

中身はこんな感じ。

↑おためし教材の他に、入会案内やZ会の教育理念にかんするパンフレットが多数届きます。

「Z会幼児コース」年中おためし教材 おまけ

↑今回のおまけはこちら。可愛らしいお名前シールです!

おまけは資料請求した時期によって内容が変わるみたいです。シール、工作、ミニ教材などお楽しみがついているのは嬉しいですね。

「Z会幼児コース」かんがえるちからワーク 年中

↑こちらが一幼児コースの学習ワーク(年中用)。

↑かんがえるちからワークの中身。

案内には「基本的にお子さまがひとりで取り組むことを想定しています」と書かれていましたが、うちはまだまだひらがなが読めないし、こういうワークのルールも初体験なので、わたしが読んで解説してあげました。

「Z会幼児コース」ぺあぜっと 年中

こちらの「ぺあぜっと」がZ会のユニークな教材。

座って書き込むドリルではなく、実際に体験して学べるような内容。

↑サンプル教材ですがちゃんとシールもついていました。

右側にあるのは「ぺあぜっとシート」と言って、親子で課題を提出する仕組みになっています。

↑今回の年中コースぺあぜっとのサンプルは「さか(坂)」がテーマでした。

坂を題材にした学習課題がたくさん!

大人にとっては当たり前の原理も、子どもにとっては新たな発見。

ただワークで学ぶのではなく、実際に体験しながら世の中の仕組みを理解できるように工夫がされています。

保護者向けに声がけのアドバイス、学習のねらいなど細かく書かれているので安心して子どもをフォローできます。

他にも生活の中でできる体験課題も充実しています。

このサンプルでは「サラダを作ってみよう」という課題でした。

そうか、これなら年中でもできるのか!とわたしにとっても発見でした。

ぺあぜっとの保護者向けの情報誌「ぺあぜっと i (あい)」

ぺあぜっとの学習テーマのおさらい、目的、声かけの工夫、あそびの発展の方法など保護者が参考にできる情報が満載です。

「Z会幼児コース」ひらがなだいすきワーク

年中向けのおためし教材には「ひらがな大好きワーク」というサンプルも入っていました。

ひらがなを覚えるというより、まずはひらがなに慣れようという感じでした。

「Z会幼児コース」年中向けおためし教材を使ってみた!

年中(4歳)の長女といっしょにZ会のサンプル教材をやってみました!

こういう学習ワークは初体験なので、渡してみると最初は中身も見ずに「えーわかんない~」と言っていました…

 

しかし!長女はちょうど最近ひらがなに興味を持ち始めていて、しりとりブームもきているところ!

なのでまずは「○からはじまるもの探し」のページからやることに。

、から始まるもの探すんだって!い、い、どれからなー」とわたしが声がけすると

「いちご!!」

おーー!めちゃくちゃ元気に答えてくれました!

やっぱり子どもは「これ知ってる!」という体験が大好きなんですね。

他にも「いぬ」「いす」「いろえんぴつ」など答えられました。

から始まる言葉も「えだまめ」「えびふらい」など。

「えのぐ」という言葉を知っていたことにびっくり!幼稚園で覚えたのかな?

ワークを通して、娘の新たな一面も見れた気がします♪

途中からは次女(2歳)も加わり、最終的には「おかあさんが言ったものを先に指さした方が勝ち」という遊びに変わっていました(笑)

それはそれで楽しく言葉の練習になるのでいいですね。

ノッてきたところで、次は迷路のページに進みます。

「さかなやさん」と「はなやさん」「ケーキやさん」を通っておうちに帰ろうという課題。

迷路は何度かやったことがあるので、比較的スムーズに理解できました。

まだ線にそってきれいに描くの苦手だなというのと、えんぴつの持ち方も練習しなくちゃな、と気付くことができました!

課題に出てくるお店の名前だけではなく、その他のイラストも見て「これはなんのお店かな?」など声がけします。

「とこやさん」は普段使わない言葉なので、娘も新しく覚えることができました。

また乱入してきた次女(2歳)も「これは?」「これは?」と聞いてくるので、いっしょに復習しました(笑)

さてここが終ると、長女は書き込み系の課題が続いてちょっと飽きている様子でした。

なので、次は気分転換に大好きなシールの課題!

ちょっとダラけていたのが嘘のように、さっさと手を動かしていきます!やっぱり子どもってシール大好きですね!

今回は同じ仲間の服をカゴに入れるという課題。

特に迷うことなく進めていきました。

↑オレンジ色の洋服を貼るときに「はみ出しちゃうよ~」と気にしていました。へーそういう所もちゃんと気付くようになったんだね、とわたしにとっても新たな気付き!

ハンカチシールを貼るときに「これはお弁当に敷くやつじゃない?」(←ランチョンマットのこと)と聞いていました。そこから毎日幼稚園で使っているランチョンマットの話になり、お友達がどんなマットを使っているか、その日の給食で何が一番おいしかったかなど会話が広がりました。

ただのシール貼りですが、それだけでも親子の会話になるんだなぁと感心。

↑全部貼れたので、ついでに色や数の復習もしました。

 

※おまけ※

実は今回、次女(2歳、次の春から年少)のために年少コースのおためし教材も合わせて取り寄せました。どれぐらいできるのかな~と気になって、長女の分といっしょに資料請求したんです。

結果…年少向けは2歳児にはやっぱりまだ早い。ですよねー。

↑そもそも2歳だとまだ具体的な指示に従うというのが難しいですよね。

でもイラストを見て、うれしそうに「かめさん!」「ちょうちょ!」などと指さししていたので、それだけでも楽しめたかな?と思います。

やっぱり年齢に合ったコースを選ぶのは重要だと痛感しました。

「Z会幼児コース」無料サンプル教材の感想

長女(4歳)にとって今回の「Z会幼児コース」無料おためし教材ははじめてのワーク学習でした。

課題のルールが分からないから嫌がるかなー、えんぴつ慣れていないからすぐに投げ出すかなーと思っていたら、そんなことはなくてびっくり!

ちゃんとわたしが読み上げる課題の説明を聞いて、集中して聞いていました。きちんと座って集中できる、娘の意外な一面を見た気がします。

ただ、ひらがなの書き込みに関しては長女とってちょっと若干レベルが高いかな?という気もしました。

やっと最近ひらがなの認識ができはじめてきた長女にとって、ひらがななぞりと書き込みはまだ難しそう。

その代り、シールやイラストを使った問題や「ぺあぜっと」の体験型学習は楽しく親子で取り組めそうです!

すでにひらがなを覚えていて、書き方の練習に進みたい家庭にはZ会のワークがぴったりなレベルだと思いました。

Z会以外の家庭学習教材についてはこちらもどうぞ↓

【関連記事】幼児向け家庭学習教材3社を比較したよ|受講料、内容、おすすめ度も紹介

Z会の公式サイトはこちら→ Z会 幼児コース

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA