教育

家庭学習教材ポピーの幼児コース「ポピっこ」の無料おためし教材を取り寄せてみた!

こんにちは、ぽこたにです。

家庭学習教材「ポピー (popy) 」の幼児向けコース月刊幼児ポピー「ポピっこ」。

今日は公式サイトで資料請求をするともらえる無料おためし教材を取り寄せてみました!

月刊幼児ポピー「ポピっこ」の内容、おためし教材セットの中身、そして実際に子どもと使ってみた感想をご紹介します。

ポピー以外の家庭学習教材についてはこちらもどうぞ↓

【関連記事】幼児向け家庭学習教材3社を比較したよ|受講料、内容、おすすめ度も紹介

※今回は長女(4歳)のために4歳~5歳児年中「あかどり」コース、次女(2歳)のために2歳~3歳児「ももちゃん」コースの無料サンプルを取り寄せました。

【月刊ポピー公式サイト】2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

月刊幼児ポピー「ポピっこ」って?

月刊幼児ポピーとは家庭でできる幼児向けの学習教材で、毎月年齢にあった教材セットが自宅まで送られてきます。

幼児コースは文字、数、言葉、生活、自然など、毎日の生活や小学校の入学に向けた内容がベースになっています。

その月によって工作やスマホで楽しめるデジタル教材もあり、親子で楽しみながら学習できる通信教材です。

月刊ポピー幼児の特徴

家庭学習教材幼児ポピーの特徴は、なんと言ってもその価格

正直、かなり安いです。

例えば年少コースならひと月980円!!

ちなみに以前ご紹介した【Z会幼児コース年少向け】の場合ひと月2,102円で、こどもちゃれんじ年少向けはひと月2,336円です。

【関連記事】Z会幼児コースの無料おためし教材を子供と使ってみたのでレビューするよ

ポピーは半額ですね。

で、なぜこんなに安いのか。教材の中身がへぼいんじゃないですよ!

月刊幼児ポピーの教材は本当にとてもシンプルで、学習の基礎を身に付けるための教材だけが送られてきます

今流行りの専用タブレット、DVDやCD、音が出るペンなど付いていません。

おもちゃのような付録は一切なく、副教材といえばひらがな表など本当に学習に役立つものだけ。

もちろん会員向けの幼児コンサートや派手なイベントもありません。

なのでこれだけ受講費がお手頃なんですね。

教材はシンプルですがオールカラーシールやイラストがふんだんに使われていて、子供が飽きないような工夫がされています。

幼児ポピーの特徴まとめ
  1. ごちゃごちゃしたオモチャの付録がない
  2. DVD教材、音声ペンなどついてない
  3. 2歳からはじめられる
  4. 最低限の教材で基礎をきっちり進める
  5. 受講料が安い

月刊ポピー幼児「ポピっこ」 受講費

12ヶ月
一括払い(ひと月あたり)
6ヶ月
一括払い(ひと月あたり)
毎月払い
ももちゃん(2~3歳)
きいどり(年少)
930円
(11,170円)
955円
(5,730円)
980円
あかどり(年中)
あおどり(年長)
1,045円
(12,540円)
1,072円
(6,430円)
1,100円
ぐんぐんポピー年長 883円
(10,600円)
906円
(5,440円)
930円

入会金: なし
年度途中入会: 可

(※2019年度の価格表です)

もともと手頃な幼児ポピーの受講費ですが、まとめて支払うとさらに安くなります。

一年分を一括で払えば10,600円~12,540円ですからね。幼児教室に通うことを考えると、格安です。

幼児ポピー「ポピっこ」無料おためし教材の中身紹介

月刊ポピーのサイトに行くと、無料で教材の見本を取り寄せることができます。

月刊ポピーの公式サイトはこちらから行けます→ 家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

今回は長女用に「あかどりコース(年中)」と次女用に「ももちゃんコース(2歳~3歳)」をお取り寄せ。

おためし見本を請求してから3日後ぐらいに届きました。

当たり前ですが、某幼児向け教材のような派手なキャラクターはついていません!

中身はこんな感じ。

幼児ポピーの他に、小学生向けのポピー、ポピー Kids English (英語教材)の案内などいろいろ入っています。

幼児ポピー 年中向けの「あかどり」教材

こちらが長女用の年中向け教材。「あかどり」というコース名です。

かわいいのにチャラチャラしていなくて、個人的に好きなスタイルです。

↑おためし教材ですが、シールはたくさん!この右ページ全部シールです。

決まった場所にシールを貼る課題もあれば、このケーキのように好きな所に自由に貼れる課題もあるんですね。

↑年中といえば少しずつひらがな読みも寄り入れる時期です。ひらがなを学習する課題もありました。

全ページは紹介できないですが、他にも数字にかんする課題や、シール貼りのページもありました。

幼児ポピー 2歳~3歳児向けの「ももちゃん」教材

つづいて、次女のための教材。2歳~3歳向けで「ももちゃん」という名のコースです。

こちらもシンプルながらかわいらしいデザインですね!

ももちゃんコースにもシールがたくさん!右ページがシールです。

年中向けに比べて、形が分かりやすくて大きめなシールでした。

↑迷路のページ。2歳~3歳向けなので、えんぴつではなく「指でなぞろう」という課題です。

シールを好きなところに貼ろう、というのもこの年齢にはぴったりですね。

↑身近な動物の鳴き声にかんするページ。

↑スイカの模様を描く課題と、お星さまシールを自由に貼るページ。

全体的にがっつりお勉強ではなく、自由にシール貼りやお絵かきを楽しみながら進めるスタイルです。

幼児ポピっこ おためし教材を使ってみた!

まずは長女の「あおどり」コースから。

すでにZ会のおためし教材を体験したことがあるので、ワーク=楽しいと認識している様子!すぐに大好きなシールに取りかかりました。

Z会のおためし教材についてはこちらで紹介しています→ Z会幼児コースの無料おためし教材を子供と使ってみたのでレビューするよ

↑「ケーキ~!!え~これ全部貼っていいの~??」と嬉しそうに話す長女。

↑思い思いにデコレーションのシールを貼りつけていました。「○○ちゃんバナナだーい好き~♪」とニコニコしてて、楽しそう!

つづいて、ひらがな遊びのページ。

↑ひらがなを指でなぞろうという課題でしたが、長女は「えんぴつちょうだい!」と書き始めました。

ちなみに現在長女は自分の名前に含まれるひらがなを2つ書けるレベルです。読むのは8割ぐらいできるかな?

「し」は今回初めてなぞりました!

上手に「し」書けたね!と褒めると、他の「し」も全部なぞっていきました。

↑の写真の左下に見えますが、保護者向けにページの進め方が書かれています。ここに書かれている通りにしたらいいので、取り組みやすいですね。

↑こちらもひらがなの練習。イラストに描かれた動物の名前(例:うし)を探して○で囲う。長女はまず指でなぞって読み上げていました。

↑最初はルールがわからず1つ1つのひらがなに○をつけていました…

↑が、何度か説明するとちゃんと「しまうま」全体を〇で囲うことができました。ひらがなだけではなく、文章問題というそもそもの基礎を練習できますね。

次は数と色にかんするページ。

野菜の数を数えて、同じ数のシールを貼るという課題。

↑娘は15ぐらいまで数えられるので、これは得意げに進めていました。

↑最初は同じ数+同じ色と少し複雑な問題にとまどっていましたが、慣れるとすぐに「大根は白!だから白いシール」と理解できていました。

↑余ったシールは「ねずみさんにあげる」とのこと(笑)

この他にも、春の野原に咲いている花や虫の名前を紹介するページなど、文字・数・生活・自然に関するテーマがバランスよく取り入れられていました。

長女がワークを進めている間、次女もずっと「○○(次女)ちゃんもするーーー!!」と言っていました。

ということで、次女にも2歳~3歳児向けの「ももちゃんコース」を渡します。

お姉ちゃんの真似っこが大好きなので、自分用のワークがもらえて大はしゃぎでした♪

↑2歳児用のシールは基本的に好きなところに自由に貼っていいので、シール大好きな次女にはぴったりでした。「あいすくりーむ!」と言いながらペタペタ。

↑ただペタペタ貼るだけかな~と思っていましたが、意外にも自分でストーリーを展開していてびっくり!

「ももちゃーん、おでかけいきますよー。ぼうしかぶってくださーい」と言いながら帽子のシールを貼ったり…

並んで貼ったももちゃんシールを見て「ももちゃんとちっちゃいももちゃん、おててつないだ」と教えてくれたり。

すごい~!もうこんなに創造力があったのか…ほんとびっくりでした。

ちなみにこの見本教材はシールが貼ってはがせる仕様なので、なんども繰り返しシールを貼り直してあそんでいました。(本物の教材はどうなのかな?)

この迷路は指でなぞるようにできていますが、お姉ちゃんがえんぴつで書き込んでいるのを見て次女も「えんぴつ!」と要求してきました。

↑まだ筆圧も弱く、「なぞる」ということ自体したことがないですが、なんとなくなぞっていました!!

お姉ちゃんみたいに座ってワークに取り組むことができて、満足そうな次女でした。

自由に貼ったり描いたりできるワークだからこそ、子供の発想に任せて自由に展開できるのがうちの子には合っていたようです。

幼児ポピー「ポピっこ」無料サンプル教材の感想

今回は月刊ポピーの幼児向け教材「幼児ポピー ポピっこ」の見本教材をおためししました。

シールやイラストがふんだんに使われていて、長女(4歳)も次女(2歳)も楽しく取り組むことができました!

うちは小学校受験をする予定もないし、現在とくに家庭学習や習い事はしていません。そんな長女にとって、ポピっこはちょうどいいレベルだったようです。

(以前おためししたZ会の幼児向け教材は、長女にはちょっと難しいかな?という感想でした。詳しくはこちらの記事で紹介していまいます→ Z会幼児コースの無料おためし教材を子供と使ってみたのでレビューするよ

楽しく、ストレスなく進めながら自宅学習の基礎を身に付けるのにポピっこはぴったりです。

サンプル教材を取り寄せると教材のレベルや使いごこち、使いやすさが確認できるのでおすすめです。もちろん無料なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【月刊ポピーの公式サイト】 幼児ポピー「ポピっこ」

ポピっこ以外の家庭学習教材についてはこちらもどうぞ↓

【関連記事】幼児向け家庭学習教材3社を比較したよ|受講料、内容、おすすめ度も紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA