子ども英語

【1~10】数がテーマのおすすめ英語絵本7選

今日は1~10までの簡単な数がテーマのおすすめ英語絵本をご紹介します。

数の英語絵本① Anno’s Counting Book

なにもない、0。木が1本、家が1つ、橋が1つ。トラックが2台、時計が2時、子どもが2人…。美しいイラストを通して、子どもたちが自然と数を数えたくなるような数字の絵本。

絵本のおすすめポイント

「1」「2」「3」、紙に書いた数字ではなく、数というそもそもの概念を育てる絵本。絵本作家の安野光雅の美しく心が安らぐような絵が印象的です。

この絵本に文章はなく、大きく「6」や「8」と数字が書いてあるだけです。その数字を頼りに、絵の中にあるものを数えていきます。

この本を読む子どもたちはまるで探偵のように絵の中に隠れた数を探し出し、自然と数や数え方を身につけられます。はじめての数字絵本におすすめの一冊。

絵本情報

タイトル Anno’s Counting Book
著者 Mitsumasa Anno
ページ数 32ページ
おすすめ年齢 幼児~低学年

 

数の英語絵本② Doggies

犬が1匹。Woof! (ワンッ!)犬が二匹。 Woof! Yap-yap! (ワンッ!キャンキャン!)どんどん増えていく犬たち。最後の1匹はどんな鳴き声?

絵本のおすすめポイント

子どもたちに大人気の Sandar Boynton 絵本。

犬の種類ではなく、犬の鳴き声がどんどん増えていくのがおもしろいですね。日本語には馴染みのない鳴き声もあるので、読み方に不安がある方はぜひ動画なので確認してみましょう!

ちなみに Dog は犬、 Doggies(ドギーズ)はワンちゃんというニュアンスです。

大人にとっても発音の練習になる、コミカルで楽しく読める一冊です。

一緒に学べるテーマ

  • 英語の犬の鳴き声
  • “R” を使った発音

絵本情報

タイトル Doggies
著者 Sandra Boynton
ページ数 14ページ
おすすめ年齢 赤ちゃん~低学年

 

by Sandra Boynton

数の英語絵本③ The Very Hungry Caterpillar

生まれたばかりのおなかを空かせたあおむし。月曜はりんご1つ食べ、火曜は洋ナシを2つ。そうして大きく成長したあおむしは…。世界で翻訳されているロングセラー絵本。

絵本のおすすめポイント

英語を学んでいる子なら一度は読んだことのある名作。日本語版「はらぺこあおむし」も有名ですね。

One apple, two pears, three plums など果物や食べ物をが出てくるので、簡単な数字を学ぶのにぴったりな一冊です。

簡単な絵本のように見えて、実は奥が深いのもこの本の特徴。

例えば cheese (チーズ)を数えるとき、英語で one cheese と言ってしまうと、切る前の大きなチーズのブロックを意味していまします。英語で「チーズを1枚」と言いたい時は one slice of cheese と言うんですね。

こういった英語ならではの数え方を学ぶことができます。大人にとっても発見がある英語絵本です。

一緒に学べるテーマ

  • 1~5の数え方
  • 食べ物の数え方 (slice of~、 piece of ~)
  • 複数形の s の使い方
  • Sunday, Monday など曜日の名前

絵本情報

タイトル The Very Hungry Caterpillar
著者 Eric Carle
ページ数 26ページ
おすすめ年齢 赤ちゃん~低学年

数の英語絵本④ Ten Black Dots

10個の黒い丸で、なにが描ける?1つなら、太陽。夜のお月さまにもなるね。2つの黒い丸は?キツネの目、カギの穴。1~10まで身近なものといっしょに数を数える絵本。

絵本のおすすめポイント

分かりやすいテーマで幼い子どもにも理解できる数の絵本。

文章には一部見慣れない言葉もあるかもしれませんが、どれも英語では日常的に使う単語なのでぜひこの機会に覚えてみましょう。発音が不安な方は読み聞かせの動画もたくさんあるので、検索してみてくださいね。

フレーズはどれも snake/rake、train/rain など韻を踏む (rhyme)になっているので、テンポよく読むのがおすすめです。

おうちでも黒い紙を切って絵本に出てくるような黒丸を用意してあげると、数の知育遊びとしても楽しめます。

一緒に学べるテーマ

  • sun/done、 face/lace など韻を踏んだフレーズ(rhyme)の使い方

絵本情報

タイトル Ten Black Dots
著者 Donald Crews
ページ数 32ページ
おすすめ年齢 赤ちゃん~低学年

 

数の英語絵本⑤ Ten Little Ladybugs

ツルの上にいる10匹のてんとう虫。チョウがやってきて、1匹飛んでいっていましました。フェンスの上でご機嫌なてんとう虫が9匹。今度は鳥がやってきて…。てんとう虫を触って楽しめる可愛らしいしかけ絵本。

絵本のおすすめポイント

10匹いるてんとう虫が1匹ずつ飛んでいってしまします。おもちゃのてんとう虫が付いているで、触りながら数を数えられます。

“10 little ladybugs sitting on a vine.” の “vine” は次のページの 9 (nine)の韻を踏んでいます。そして、その次の gate は 8 (eight) と韻を踏んでいます。 Rhyme の練習にもなりますね。

赤ちゃんならしかけを、幼児なら数字を、低学年なら暗唱用として楽しめる英語絵本です。

一緒に学べるテーマ

  • vine/nine など韻を踏んだフレーズ (rhyme)
  • drinking, flying など ~ing を使った動詞
  • caterpillar, frog など身近な生き物の名前

絵本情報

タイトル Ten Little Ladybugs
著者 Melanie Gerth
ページ数 22ページ
おすすめ年齢 赤ちゃん~低学年

数の英語絵本⑥ Five Little Monkeys Jumping on the Bed

夜、ママに秘密でベッドの上をジャンプする5人のこざる達!しかし、1人落ちてケガ。もうジャンプはダメよ!とママに言われますが、残った4人はまたベッドでジャンプして…。

絵本のおすすめポイント

英語圏の子どもたちに愛されている手遊び、 Five Little ~。内容はさまざまですが、5~0 までひとつずつ数が減っていき、最後にはオチがあるのが共通しています。

この Five Little Monkeys Jumping on the Bedもそんな手遊びが絵本になったものです。いろいろメロディーや歌にもなっているので、ぜひ動画も検索してみてくださいね。

Five Little~の手遊びはほかにも Five Little Monkeys Swinging in a Tree、Five Little Ducks、Five Little Pumpkins などたくさんの種類があります。

主に幼児向けなので、季節や好みに合わせた手遊びを見つけてみるのもおすすめ。

一緒に学べるテーマ

  • bed/head など韻を踏んだフレーズ (rhyme)
  • monkey/monkeys など複数形の s の使い方

絵本情報

タイトル Five Little Monkeys Jumping on the Bed
著者 Eileen Christelow
ページ数 30ページ
おすすめ年齢 幼児~小学生

数の英語絵本⑦ The Noisy Counting Book

1匹のカエルが GA-DUNK (ゲロッ)。2匹のアヒルが WAK-WAK (クワックワッ)。自然の中で聞こえる生き物の音を数えながら楽しめる英語絵本。

絵本のおすすめポイント

1~6までの数字を、生き物の音を通して覚えられる数の絵本。

英語ならではの生き物の音を学べます。例えば、蚊は日本語で「ブーン」ですが、英語では bzzzzzzzzz(ブズーー)。読み方に不安があっても、読み聞かせ動画を検索すればすぐに出てくるので大丈夫です。

ぜひ子どもも一緒に生き物の音をマネしてみてくださいね。

一緒に学べるテーマ

  • 身近な生き物の鳴き声
  • 身近な生き物の名前

絵本情報

タイトル The Noisy Counting Book
著者 Susan Schade
ページ数 24ページ
おすすめ年齢 幼児~小学生

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA