オピニオン

ママ友いないから運動会が辛い人の3つの心理と対策

こんにちは、ママ友ゼロ人のぽこたにです。

 

運動会の季節、子供よりソワソワしてしまうママ友いないあなた!

ひとりで運動会行くの辛い…

子供に恥ずかしい思いさせないか…

他のママに変に思われないか…

そんな風に悩んでいませんか?

わたしも以前はママ友いないと行事は行きづらいと感じていたので、その辛さ、よーーーく分かります。

 

でも、いつからか考え方を変えたら、ママ友がいようといまいと関係なくイベントと楽しめるようになりました。

今日は同じように憂鬱になっているママの心理と対策についてお話しします。

ママ友いないと運動会が辛い心理

なぜ、子供が主役であるはずの運動会でママ友がいないと辛いという気持ちになるのか。

わたしも前まで辛いと感じていたので、よく分かります。

きっとこの3つの理由ではないでしょうか

  1. お弁当いっしょに食べる人がいない
  2. 自分だけしゃべる相手がいない
  3. ぼっちだと思われると辛い

特に女性にとってひとりぼっちは辛いと感じる人が多く、劣等感を感じる人も少なくありません。

でも、本当にそんなにつらくなる必要あるのでしょうか?

ママ友いないと運動会が憂鬱はナンセンス

ママ友いないから運動会が憂鬱…

 

本当にナンセンス!

こんなの、悩むだけ無駄

悩めば悩むだけママ友が増えるなら、悩む価値はありますけど。

実際、まったくそんなことないですよね。

悩むだけただ無駄な時間が過ぎ、運動会が近付くだけ。

それならひとりぼっちで辛い気持ち、こうやって切り替えてみませんか?

①お弁当をいっしょに食べる人がいない

まず気になるお弁当ぼっち問題。

 

いやいや…

 

一人じゃないじゃん!!!

大事な子供といっしょに食べられますよね!?

それでぼっちを気にしてたら、子供にも失礼じゃないですか?

子供の立場になってみてください。

親が「ひとりぼっちで食べてて辛い…」なんて思いながら自分と食べているなんて知ったら悲しくなりますよね?

 

「子供がお友達と食べられないのがかわいそう」って?

いやいや、だって学校では毎日友達と食べてるじゃないですか。遠足や学校の行事だってありますよね。

むしろ学校で、シート広げて、親といっしょにお弁当を食べられる機会こそ運動会ならはじゃないですか?

おいしいお弁当を食べて、その日の運動会のことを親といっしょに話ながら時間を過ごす。

子供にとってこんなに素敵な時間なのにいちいち「ぼっち」だの「ママ友いない」だの小さなこと気にしているなんてもったいないですよね。

運動会のお弁当は親子で食べるだけでじゅうぶん素敵なんです!!

②自分だけしゃべる相手がいない

みなさん、そんなにおしゃべり好きなんですか?

運動会でおしゃべりに夢中になってたら、わが子の活躍見逃しません?

活躍だけじゃなく、ちょっとしたしぐさ、出番を待っているあいだの表情。

そういうの、見ないんですか?

ママ友いなくてしゃべる相手がいないなら、しっかりと自分の子供を見られるチャンスじゃないですか!

もし子供がこっちを見たときに、ママ友としゃべっててその視線を見逃したらすごくもったいないと思いますよ。

子供って親に見ててもらうのすごくうれしいんです。チラっと保護者エリアを見たときに、ママやパパと目が合ったらちょっと恥ずかしいけど、自分のことを見ててくれてるってすごくうれしいですよね!

そういうほんのちょっとした喜びこそが運動会の価値じゃないでしょうか。

しゃべる相手がいないということは、そういう貴重な瞬間を見逃さないということ。

堂々としましょう!

③ぼっちだと思われるのが辛い

一番多いのがこのまわりからぼっちだと思われるのが辛いという気持ち。

 

あのー…他人が一人でいるのって、そんなに気になります?

あなたは一人でいるママを見て「うわぁ~あの人ひとりぼっち~!」って心の中で思うんですか?

もし思うなら、きっとあなたはひどい性格なのでママ友できなくて当然です。どうぞ一人でいてください。

もしそんなこと思わないなら、まともな人間はそんなこといちいち思わないってことですよ。

 

例えばパパが運動会中ひとりでいても、ぼっちだって思われなさそうですよね。むしろ「仕事休んできたのかな?わざわざ運動会に来るなんて、子煩悩~」なんて思われるんじゃないですか。

それなのになんでママがぼっちだと途端に寂しいみたいな印象になるんですか。

けっきょく、そういうフィルターで見てるんですよね。

 

ママ=集団でいるべき

 

自分自身にそういったフィルターをかけてるから、ぼっちが異常事態に感じる。

そういう勝手な枠組み、外してみませんか?

大人数でいる人もいれば、数人の人もいる。一人でいる人もいる。

いろんな人がいていいんです。

「ママとはこうあるべき!」という自分自身にかけた枠を外して、もっと自然体でいましょうよ。

結論: 他人の目を気にしすぎ

結局、ママ友がいなくて運動会が辛いって他人の目ばかり気にしているからなんですよね。

わたしも以前は人の目ばかり気にして

こんな風に思われたらどうしよう…浮いてたらどうしよう…

って気にしていました。

だけど、それって本当に時間の無駄。

今なにがいちばん大事なのか。そう考えると、答えは絶対に「子供」「家族」なんですよね。

ママ友いなくてどうしようってびくびくしてる姿、自信もって子供に見せられますか?

だれのための運動会なのか思い出して、自信もって行ってくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA