【全員プレゼント】話題の豪華無料サンプルが必ずもらえる幼児通信教育ベスト4
育児の悩み

2人目育児の最強寝かしつけ方法|上の子も下の子もこれで成功!【2歳差】

こんにちは!2人目育児で奮闘中のぽこたにです。

 

二人目が生まれて、最初にあたる壁が子供達の寝かしつけだと思います。

もちろんもし旦那さんが毎晩寝かしつけの時間に間に合うならいいですが、そうとも限らないですよね。

わが家でも、一か月のうち8割ぐらいは旦那が夜いない云わば「ワンオペ」状態でした。

お風呂やごはんなどは特に「ワンオペ感」はなかったのですが、寝かしつけだけは「私一人で無理でしょコレ!!」とまさにワンオペ心理状態。

 

それでも無理とは言ってられないのが育児。

いろいろ試行錯誤した結果、一番簡単でスムーズに行く寝かしつけ方法

下の子はベビーベッドで放置して、別の部屋でまずは上の子を寝かしつける

でした!なお、一番楽な方法以外に、失敗したパターンも正直に紹介します。参考になると思います。

現在、上の子も下の子もスムーズに寝かしつけられています♪

前提(登場人物、部屋情報)

登場人物: 私(=母親)、上の子(2歳なりたて)、下の子(生後1か月)

使用可能な部屋: 洋室(シングルベッド1台)、和室(ベビーベッド、大人用布団一式)

【作戦その1】 同じ部屋で2人同時に寝かしつけ

初日に試したのが、上の子と下の子を同時に、同じ部屋で同時に寝かしつけるという方法。事前にネットで検索して、この方法が一番多く出てきたのでまずは従うことにしました。

方法

寝室(洋室)は狭いし子供が転げ落ちる心配があるので、全員和室の布団で寝ることにしました。

そして、下の子を添い乳しながら寝かしつけて、その隣で上の子を寝させる、という流れ。

そしてあわよくば下の子もそっとベビーベッドに降ろせないかな~なんて思ったり。

結果

無理。完全に無理でした。まず、上の子が寝ない。そして下の子にちょっかい出そうとする。電気を消すと怒る。しゃべる。

だから下の子も気が散って寝ない

上の子がやっとちょっと寝そうだな~と思ったら、今度は下の子のウンチ。おむつ替えの為に起きると、上の子もパッと目を覚ます。

最初からやり直し。

時間だけが過ぎてゆく。絶望。眠気。もう嫌だ。

【結論】

2人同時に同じ部屋で寝かしつけるのは無理。諦める。誰も眠れないし、イライラする。

【作戦その2】 同じ部屋で、まずは上の子を寝かしつける

作戦1と似ていますが、同時に寝かしつけではなく先に上の子に寝てもらおうという作戦。

方法

上記と同じように、和室に布団を敷いて私(母)、上の子、下の子と一緒に寝ます。

とりあえず上の子だけを先に寝かせたいので、下の子はベビーベッドでゴロゴロさせるか授乳させて適当に時間を過ごさせます。

その間に上の背中をとんとんして落ち着かせたり、部屋を暗くして上の子が眠るのを待ちます。

結果

無理です。とにかく私が下の子を抱っこしながら座っていると、「おかーしゃんもゴロンして!!」と言って聞きません。

仕方ないので下の子を授乳(添い乳)しながら横になると「○○ちゃん(下の子)はあっち!!」と言って追いだそうとします。

仕方ないので下の子をベビーベッドに降ろすと、今度は下が泣いて上の子が眠れない。

私の焦りが伝わり、余計に寝なくなる。

エンドレス。

【結論】

とりあえず子供たちが同じ部屋にいるのは無理

作戦1も作戦2も変わらない。子供ら同士が気になって気になって仕方がないので、何をしても寝ません。親も寝不足、子供も寝不足。

【作戦その3】 上の子放置して、下を先に寝かせる

同じ部屋での寝かしつけは完全敗北だったので、もうそれなら別々の部屋で寝かせるしかない!と思い新しい作戦にしました。まずは下の子を寝させる!

方法

上の子には「今日は赤ちゃんと一緒に寝るから、一人で寝られる?」と聞いてみる。

「いいよ!」と言うので、上の子だけ寝室のベッドで横にさせ、布団をかける。

「赤ちゃん寝たら、お母さんもベッドに来るから待っててね♪ となるべく明るく言い、下の子のもとへ行く。

上の子は寝室で待機。下の子は添い乳しながら和室で寝かしつけ。

結果

ダメ。失敗。全然だめでした上の子がすぐに起きて、ベビーベッドがある和室まで歩いてきてしまいます。しかも泣きながら…

【結論】

上の子は一人で待てない。放置するのは無理。

【最終作戦その4】 下の子放置して、上を先に寝かせる

作戦3同様、上と下の子は別々の部屋で寝かせます。今回は、下の子を放置し、上の子優先で寝かしつけ!!

方法

就寝時間直前に、下の子の授乳とオムツ替えを済ませておき、そのままベビーベッドに入れて電気を消す。

もちろん布団などはかけずに(窒息が怖いですからね)、部屋は適温にする。ドアも閉める。

そして今度は寝室で上の子を通常通り寝かしつけ

上が寝たら、下の子の様子を見に行く。必要に応じて授乳&オムツ替え。

結果

最終的には…大成功!!!

上の子を寝かしつけていると、下の子が寝ている和室から泣き声が聞こえてきます。内心すっごく焦りますが、この焦りが上の子に伝わるとますます寝なくなるので、なるべく平常心を装いました。

上の子はだいたい寝るのに30分~1時間ぐらいかかるので、その間下の子は泣かせっぱなし

上が寝る頃には、下の子も泣き疲れて寝ていることが多かったです。

 

そうすると…まさかのフリータイム発生(笑)

 

しかも、最初は下の子も毎回泣いていましたが、慣れると泣くことも少なくなりました。

もちろん泣かせっぱなしは心が痛むし、近所迷惑じゃないかとハラハラしました。

しかし、結果的にこれが一番平和で私も子供達も眠れるし、上の子の生活リズムも壊さず、下の子には強制的に生活リズムを付けることができて良かったと感じます。

【結論】

下の子は泣かせればいい。上の子をまず対処する。そうすれば全員眠れる。

まとめ

2歳差で二人目が生まれたときの寝かしつけで一番有効だったのは下の子はベビーベッドで放置して、別の部屋でまずは上の子を寝かしつけるでした!!

もちろん、これは我が家でのケースなので、家庭によって正解は異なるかもしれません。

ですがもし二人目の寝かしつけで困っているなら、是非参考にしてみてくださいね。

慣れるまでは大変かもしれないですが、最終的にはこの方法をとって本当によかったと思っています!

お試しください♪

 

(ちなみに下の子は現在1歳半で、未だに一人で上手に寝ています!)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA