便利アイディア&グッズ

3歳児が静かに遊んでくれる!飛行機で使えるおすすめおもちゃ&過ごし方14選

3歳児とのフライトはとにかく不安がいっぱい!!

「何時間も静かに過ごせるのか…」

「飛行機に持ち込める手軽なおもちゃをを知りたい」

「なんでもいいからとにかく静かにしててほしい!」

すっごく分かります。

わたしも以前ワンオペで幼児を連れて長距離フライト(日本→カナダ)を経験しましたが、不安で不安で仕方がなかったです。

そこで今日は、その経験を活かして3歳児が飛行機の中で静かに遊んでくれる便利なおもちゃ過ごし方をご紹介します!

【3歳児用暇つぶしおもちゃのポイント】

  • 絶対に子供の気を引けるもの
  • 荷造りに支障がでない大きさ・軽さ
  • 安くてすぐに買えるもの
  • 3歳児連れのフライトに不安がある
  • 飛行機の中で、まわりに迷惑をかけたくない
  • なるべく荷物は増やしたくない
  • 最小限のもので大人しく遊んでいてほしい

飛行機の中で使える3歳児向けおもちゃ

何はともあれスマホに子ども向けコンテンツを入れておく!!

まず、何より先にしておくべきことは…

 

子ども向け動画をスマホに入れておく!!!!

 

これ絶対に忘れないように!!!

 

まだ3歳だし、あまり長時間スマホは見せたくない…という気持ちもよーーーーく分かりますが、最終手段として絶対に入れておくべき!!

 

おもちゃイヤ!

おやつもオヤ!

抱っこもイヤ!

って、飛行機の中で泣かれると本当に辛いですから…(←経験済み)

そういう時、頼りになるのは動画。本当に。

飛行機のスクリーンで子ども向けアニメを見ることもできますが、ほとんどは大きい子ども向けで、3歳児は興味を持ちません…(←経験済み)

 

しつけに良くないとか、目に悪いとか、スマホは見せない主義とかこの際置いておきましょう。

とにかく子どもが大好きな動画を携帯しておく。念のため。持ってて後悔はしません。わたしも本当に本当に助けられました。

 

個人的におすすめはなのは31日間無料おためしキャンペーン中U-NEXTという動画配信サービス。

公式サイトを見てみる↓

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

YouTubeでもいいんですが、飛行機の中だとネットが使えないので詰みます。

U-NEXTは一旦スマホにダウンロードした動画はネット環境がなくてもOKなので、飛行機の中でも自由に観られる!なのでおすすめ。

 

しかも、31日間無料キャンペーンをやっているので

事前に登録

動画をダウンロードしておく

飛行機で使用

31日間以内に解約

無料!!

と、めちゃくちゃお得。(32日目以降は月額1,990円(税抜き))

 

「おかあさんといっしょ」「アンパンマン」「機関車トーマス」「プリキュア」など3歳児が大好きな番組が簡単にスマホにダウンロードできます

しかも YouTube と違って高画質、広告なし、勝手に怖い動画が再生される危険性なし。

実際にわたしも無料おためし体験をしてみたので、その時の記事も参考にしてくださいね >> 【体験レポ】話題の動画配信サービスU-NEXTの無料おためし体験やってみた

話題の動画配信サービス【U-NEXT】の無料おためし体験やってみた!こんにちは、ぽこたに(@pokoblog01)です。 今日は育児中のママにぜひおすすめしたい動画配信サービスをご紹介します! ...

とりあえず念の為スマホに入れておくだけなら無料なので、お守り代わりにしておいた方がいいです。

 

キャンペーンの詳細はこちら(公式サイト)↓

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

シールブック

動画以外でおすすめなのはやっぱりシールブック。

移動中に使えるおもちゃの定番中の定番ですね。

安い、かさばらない、散らからない、うるさくない、持ち込み簡単!

飛行機で遊ぶのに最適なおもちゃです。子どものリュックにも余裕で入ります。

 

わたし長距離フライトで準備したおもちゃ(動画以外)の中で、ダントツで一番うけが良かったのがシールブックでした。

貼ってはがせるタイプなら何度も使えるし、好きなキャラクターのシールブックなども持っていくと集中してくれますよ。

※あまり小さすぎるシールだと、あちこちにくっついてややこしいので、ストレスなく遊べる大き目のシールがおすすめです。

わたしは行きのフライト帰りのフライト分をそれぞれ用意しました。

マグネット絵本

シールブックは何度か繰り返すうちにぐちゃぐちゃになってしまいますが、マグネット絵本なら繰り返し使えます。

アンパンマンやワンワンのマグネット絵本もあるので、興味に合わせて用意できますね。

デメリットはシールブックより重たいこと。

あと、貼ったあとに本をゆすったりするとマグネットが下に落ちること。

 

でも何度も使えるので、フライトが終わったあと(旅行先、普段のおうち遊びなど)でも使えるのでコスパは◎。

お絵かきボード

お絵かきが好きな子には書いて消せるお絵かきボードがおすすめ。

クレヨンを使うと、落としたとき座席の隙間に入り込んで面倒なことになります(←経験済み)

 

お絵かきボードならその点散らからないし、繰り返し使えるので便利ですね。

飛行機の中に持ち運ぶなら、ミニサイズのお絵かきボードがおすすめ。

飛行機の中以外にも、乗り継ぎ時間、レストランの中、車の中など様々なシーンで大活躍です。

 

お絵かきボードについている付属品(ペン、スタンプなど)にが通してある商品もありますが、もし紐がない場合、あらかじめ付けておくことをオススメします!!

そうすればフライト中に落として無くなる心配もないですね。

絵本

もしお気に入りの絵本があるならそれを持ち込めばOK。

ストーリー性のある絵本だとすぐに読み終わってしまう…という場合は、図鑑など繰り返し読める本がおすすめ。

知育ワーク

えんぴつ使いが上手になってきた子には知育ワークもおすすめ。

最近では3歳児用のワークも豊富で、レベルに合ったものが見つかるはずです。

 

ただ、3歳と言っても個人差があり、まだワークが好きじゃない子もいます!

飛行機に乗る前に一度ワークを試してみて、ハマるようなら使ってみてくださいね。

苦手な子だと逆に「こんなのやりたくない!」「できない!!」って言って泣いてしまう子もいるので…(家ならいいですが、飛行機でこうなるとツライ!)

 

例えばうちの長女が3歳だった頃、ひらがなは全く興味なかったですが迷路系のワークなら集中してできました。

そんな感じで個人差は多いですが、子供の興味にあったワークを持っていくと集中して静かにしてくれるので重宝しますよ。

変身系ロボット

手先が器用になってロボットや組み立て系のおもちゃが好きな子におすすめなのが変身ロボット!

変身ロボットって大きい子供向けかと思っていたんですが、全然そんなことないんですね。

2歳や3歳でもカチャカチャとすればあっと言う間にロボットや電車、車や飛行機に大変身するおもちゃがたくさんあります。

パーツが少なくて分解しない、音も出ない、ハマるとかなり長時間集中してくれる、飛行機の中では重宝するおもちゃです!

パイロットごっこ

飛行機が大好きで将来はパイロットになりたいと言う子に絶対おすすめなのがパイロットごっこ!

フライトほどこの遊びができるシチュエーションってなかなかないですよね。

こんなパイロットの格好をして飛行機に乗れたら人気ものになること間違いなし。

飛行機の座席画面にはフライト情報を確認できる場合もありますし、アナウンスを真似したり窓から外を確認したり、大好きなパイロットになりきれますね。

人形・ぬいぐるみ

お世話好きなら子にはお人形やぬいぐるみがおすすめ。

不安になりがちな飛行機の中のストレスをやわらげてくれます。

わたしも子供たちと飛行機に乗った際(当時3歳と1歳)、搭乗直前にそれぞれメルちゃんをプレゼントしました♪

これが大成功!

離陸や着陸の瞬間など、メルちゃんをぎゅーーっと抱きしめて、娘たちの「怖い」気持ちをやわらげてくれました。

乗り継ぎの待ち時間にもメルちゃんのお世話をして時間を潰せたので、本当にメルちゃんには助けられたフライトでした。

 

落とすといけないので、念のため哺乳瓶やクシなどの付属品は持っていかない方がいいです。

くまのぬいぐるみ、アンパンマンなど子どもの好きなものを選んでくださいね!

飛行機の中での過ごし方(おもちゃ以外)

機内食を食べる

航空会社によっては、お子さま用機内食を注文できることもあります!

わたしは以前子連れでエバー航空(日本→台湾)を利用しましたが、その時注文したキッズメニューがサンリオスペシャルで、かわいいキティーちゃんのケースに入った食事を楽しむことができました♪

ANAやJALにもキッズメニューがあるそうなので、是非事前にチェックしてみてくださいね。

おやつを食べる

普段は時間と量を気を付けているおやつですが、飛行機の中では大盤振る舞いでいいです!

わたしももここぞとばかり持っていきました。

おすすめは小分けになっているお菓子ですね。少しずつ食べられるので、時間稼ぎになります。

下に散らばったらどうしよう…と心配なら、こぼれにくい工夫がされているこんな便利なカップがあります!!

※飲み物や液体おやつの持ち込みには注意が必要です。持ち込み禁止な場合があるので、何がどれぐらい持ち込みOKなのか必ず事前にチェックしましょう。

歩く、トイレに行く

飛行機の通路は狭いのでなかなか歩くスペースはありませんが、それでもちょっと歩いて気分転換をした方がいいです。

トイレの前や緊急避難出口の前のスペースなどはちょっと広くなっているので、そこで体を伸ばしたりするのもいいですね。

おむつが外れている子なら、ちょくちょくトイレに連れていってあげるのが吉。

万が一お漏らししてしまったら大変ですよね。

飛行機のトイレが怖い!と言う子もいるかもしれません。そういう時は、おむつを履かせておいてあげればいいと思います。

トイレが怖いから漏らしてしまったり、我慢して膀胱炎になる方がよっぽどつらいですからね。

外の景色を楽しむ

飛行機の醍醐味と言えばやはり景色ですよね。普段下から見ている雲が足元にあるという不思議な体験ができます。

予約時に座席を選べるなら、子供はなるべく窓際の席にしてあげると楽しめます。

寝る

やっぱりこれが一番!

わたしが日本→カナダへの長時間フライトを利用したときは、あえて夜中の便にしました。

夕方にお昼寝をして、そこから深夜までは寝かさず思いっきり遊ばせ、そのまま搭乗!

そうすると、なんと6時間も続けて寝てくれました!!!

11時間のフライトだったので本当に助かりました。

なので、もし長時間のフライトを予定していて時間帯が選べるなら、夜~深夜の便をおすすめします。

あと、とにかく搭乗前にたくさん遊ばせること!!

大型の空港ならゲート近くに子供用遊びスペースが用意されていたりします。

搭乗前にすべり台やら大型ブロックやらたくさんとにかくたくさん遊ばせました。

おもちゃを渡すコツ

さて、最後に飛行機の中でおもちゃを渡すときのコツです。

必ず当日に渡しましょう!!!

家で何度も遊んでたことがあるおもちゃだと、すぐに飽きてしまいます。

家ではたっぷり遊んでくれたのに、飛行機に乗ったらもういらない…なんてことになっては大変。

 

テーブルを使うワークは離陸後に渡すのがおすすめです。

離陸時はテーブルを元の位置に戻さないといけないので、一旦子供に渡してしまうと回収しにくいですよね。

ちなみにわが家ではメルちゃんを搭乗前に子供に渡し、離陸の瞬間は子供がメルちゃんを抱っこしていましたが、特になにも指摘されず問題はありませんでした。

おわりに

3歳だと普段でもグズグズ言いやすいのに、飛行機のような空間でどう静かにさせたらいいのか悩みますよね。

しかし、飛行機は乗ってしまえばもう時間が過ぎるのを待つしかありません!

たくさんのおもちゃやおやつを用意して、割り切って挑みましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA