子ども英語

【比較】子供向けオンライン英会話と教室型スクールの違いは?

こんにちは、ぽこたにです。

元子供英会話講師、4歳2歳児の母です。

 

最近少しずつメジャーになってきている子供向けオンライン英会話

従来の教室型英会話スクールとは何が違うの?

気になりますよね。

 

今日はオンライン英会話教室型英会話スクールそれぞれの特徴と違いをご紹介します。

子供英会話講師+親目線でしっかり比較するので、ぜひ参考にしてくださいね。

オンライン英会話の特徴

①授業料が安い

オンライン英会話の特徴といえば、まずその安さ!

通常の教室型スクールがひと月6,000円~8,000円(月4回)

オンライン英会話はひと月2,000~3,000円(月4回)です。

単純に半額ですね。

 

さらに、オンライン英会話は入会金や設備費用(諸経費)などが掛からないケースが多く、チケット制のスクールもあります。

教材費もあまりかからないので、総合的に見てもオンライン英会話の方が安く済みます。

複数の習い事をしている子供がいる家庭には助かりますね。

授業時間が短い

オンライン英会話の授業時間は20~30分と短め。

一般の教室型スクールは45~60分なので、半分ですね。

授業時間が短い代わりに時間のかかるライティングや読み聞かせなどはないところが多いです。

また、基本的にマンツーマンなので、他の生徒の発言を聞く時間がありません。

スピーキングとリスニングに集中した内容を受けられるのがオンライン英会話の特徴。

他の習い事をしていても負担が少なく済みますね。

ライティング指導がほぼない

オンライン上で文章の書き方指導はどうしても効率が悪いので、ライティング指導はしていないところが多いです。

自分で書いた英文を読み上げて先生がそれを添削するという方法もありますが、それをレッスンの中心にすることは少ないでしょう。

ライティングはせず、効率よくスピーキングだけ練習できるのはオンライン英会話ならではですね。

基本的にマンツーマン

一部のオンライン英会話で兄弟同時にレッスンを受けられるところもありますが、基本的にはマンツーマン指導です。

先生と1対1で話せるので会話の時間を確実に確保できるメリットの反面、同年代の子から刺激を受けられないというデメリットもあります。

どちらの方が向いているかしっかりと検討しましょう。

講師が選べる

オンライン英会話は基本的に担任制ではないので、毎回講師が選べます。

いろいろな先生と会話ができるのはリスニング、スピーキング力アップにもつながりますね。

しかし、たとえお気に入りの先生がいても予約が取れない可能性があるなど、デメリットもあります。

レッスン曜日・時間が選べる

オンライン英会話は毎回自分でレッスンの日時を予約するので、都合よく選択することができます。

この日は忙しいから次の日にしよう。

この日は午前授業だから、昼過ぎに予約すよう。

などなど。

ただし、毎回日時が違うとスケジュール管理が難しくなったり、生活リズムがつけにくいという面もあります。

また、自分に都合の良い時間が毎回空いているとも限りません。

確実にレッスンを受けるには早めに予約する必要があります。

送迎不要

オンライン英会話は自宅からおこなうので、送迎がいりません。

子供が一人で通学する必要もないので安全です。

大雨や真夏、真冬の日にも心配なくレッスンを受けられます。

年齢によっては親の付き添いが必要

教室型英会話スクールの場合、どんな小さな子でも入口で先生に引き渡してしまえばあとは先生が面倒を見てくれます。

しかし、オンライン英会話の場合、幼児が一人でパソコンの前に座ってレッスンを受けるのは難しいです。

そのため、レッスン中に親の付き添いが必要になることも。

慣れてしまえば問題ありませんが、はじめは付きっきりにならないといけないことも考慮しておきましょう。

従来型の教室英会話スクールの特徴

ひとクラスに生徒1~10人

スクールによりますが、教室型の英会話だと同じクラスに他の生徒がいます。

マンツーマンではありません。

(1対1コースを開設しているスクールもありますが、その場合授業は割高になります)

他の生徒の発言や行動から刺激を受けて英語が伸びるメリットもありますが、一人あたりの発言時間は少なくなるというデメリットもあります。

レッスン内容が簡単すぎたり難しすぎると学習効果が落ちるので、自分に合ったレベルのクラスに案内してもらえることが重要です。

読み書き含め、バランスよく指導してもらえる

教室型英会話の場合、ABCの書き方やはじめての挨拶から習うことができます。

  • アルファベット
  • 単語のつづり(スペル)
  • 文章の書き方(最後にピリオドをつける等)
  • 学校で習う英語の予習復習
  • 絵本の音読

などなど、バランスよく学ぶことができますね。

今まで一切英語を学んだことがない…という子は教室型英会話の方が向いているかもしれません。

動きまわるアクティビティや楽しいゲームがある

オンライン英会話にも楽しいアクティビティはありますが、やはり体をたくさん使って盛り上がるゲームは従来型の教室英会話の方が豊富。

いろんなカードや小物、本やゲームに実際に触れながら楽しめます。

費用が高い

教室型スクールはどうしても受講費用が高くなります。

  • 場所代
  • 備品代
  • 光熱費
  • 教材費
  • 年会費や入会金
  • 講師+スタッフの人件費

などなど、オンライン英会話とは違って運営にもコストがかかるので仕方がないですが、長期的に見るとオンライン英会話とはかなりの差が出ます。

また、教室によっては独自の教材などを使うことがあり、高額になることもあります。

入会する前に長期的なコストもしっかりと把握しましょう。

講師・曜日・時間が固定

教室型英会話スクールは講師が担任制、曜日と時間も固定です。

これは「この日のこの時間はいつも英語!」とリズムがつく反面、用事ができたり体調不良の場合はお休みしないといけないデメリットでもあります。

素晴らしい先生と出会えた場合、担任制だと毎回レッスンが楽しくなるという利点がありますね。

何年も同じ先生から学んでいると、自分の長所や短所も把握してくれていて、苦手ポイントもしっかりとフォローしてもらえます。

反対に、講師との相性が悪い場合、最悪退会して違うスクールを1から探し直さないといけないことも。

季節のイベント、発表会がある

教室型英会話スクールの楽しみといえばやっぱり季節のイベント

ハロウィンやクリスマスなど子供たちが大好きなイベントがあるのは教室ならではですね。

複数のクラス合同でイベントをしたり、お菓子に配ったり、その日だけの特別感が味わえます。

また、季節によって教室の飾りが変わったり、行事にかんする絵本を読むこともあります。

発表会(またはレッスン参観)も教室型英会話スクールにしかありませんね。

歌や音読、スキット(寸劇)や暗唱など時間をかけて練習した成果を発表するの子供にとって自信をつける機会にもなります。

まとめ

オンライン英会話と教室型英会話スクールの比較。

まとめると、

【オンライン英会話】

  • 安い
  • スピーキング重視でシンプル
  • マンツーマン
  • 送迎不要
  • 講師・曜日・時間が選べる

なのに対して

【教室型英会話スクール】

  • みんなでわいわい
  • 読み書き含め、バランスよく学習
  • 高い
  • 体を使ったゲームやアクティビティ
  • 季節のイベントや発表会を経験できる

どちらにもそれぞれメリットとデメリットがありますね。

最終的には本人の性格講師との相性が重要になってくるので、いろいろな教室を見てしっかりと子供に合ったスクールを見つけましょう。

 

次の記事 >>【体験レポ】子供専門オンライン英会話リップルキッズパークの無料体験レッスンを幼児2人が受けてみた

【体験レポ】子供専門オンライン英会話リップルキッズパークの無料体験レッスンを幼児2人が受けてみた子供専門のオンライン英会話、リップルキッズパークの無料体験をしてみました!幼児2人(4歳と2歳)とママが同時にレッスンした様子を写真付きでご紹介します。...

【関連記事】>>うちの子に合うのはどっち?オンライン英会話か教室型スクール、選び方を解説

うちの子に合うのはどっち?オンライン英会話か教室型スクール、選び方を解説こんにちは、ぽこたにです。元子供英会話講師です。 最近人気のあるオンライン英会話と従来型の教室型英会話スクール。 子...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA