カナダの大学

【カナダ】海外の大学に留学して感じた日本との6つの大きな違い

こんにちは!2人育児に奮闘中のぽこたにです。

 

私は18~22歳までカナダの大学に留学し、そこの学部を卒業しました。

4年間の間に様々なことがありましたが、海外なのでやはり「日本と違う!」とびっくりする事もたくさんありました。

今日は私が感じたカナダと日本の大学の違いについて紹介します。

カナダの大学に留学して感じた日本との違い

簡単に留年する

「海外の大学は入るのは簡単だが卒業するのは難しい」。どこかで聞いたことありますよね。

これ、本当です。

成績が悪ければ留年します。特別にレポート提出したら合格させてあげるよ♪とかそんな甘い話はありません。

「がんばったから」合格とかありません。

いくらがんばっても、成績が悪ければ留年します。私の周りにも何人かいました。

4年で卒業するとは限らない

日本の大学なら、ほぼ全員がかならず4年で卒業しますよね。

しかし、カナダだとそうとは限りません。みんな卒業する時期がバラバラです。もちろん大半が4年ですが、私の知っているだけでもいろいろなパターンがありました。

早く卒業したいからと夏休みも単位を取り、3年で卒業した学生

途中で1年休学し、世界旅行をしてから復学し5年で卒業した学生。

途中で興味が変わり、専攻を変えたから卒業に6年かかった学生。

学部の途中に1年のインターンを挟み、5年で卒業した学生。

1つだけ単位が足りずに、卒業に4.5年かかった学生。

本当にバラバラです。みんな自分の都合や状況に合わせて、卒業のタイミングをかえていました。自由でいいなぁという印象です。

講義の出席日数は単位に関係ない

日本では「講義は○日以上出席しないと単位がもらえない」という決まりがある大学が多いと思います。

しかし、カナダはそうではありません。

全部出席したからといって単位はもらえないし、逆に1度も出席していなくたって、単位がもらえる場合があります。

単位がもらえるかどうかは、テストやレポートなどの成績次第です。

印象に残っている教授の言葉です:

「高校じゃないんだから、講義に出席するかしないかは自分で決めればいい。大人が管理することじゃない。自分で責任を持ちなさい。

一回も出席しなくたって、テストで合格できるなら講義に来る必要はない。

反対に、講義に出席したからって寝てたり、ゲームをするなら来たって意味がない」

※もちろん、例えば実技の授業や、議論をし合うようなセミナーでは出席日数が重要です。出席が関係ないのはあくまで一般的な講義です。

教授の話が面白い

カナダへ行って印象的だったのが、教授の話がおもしろい!!という事。

教授自身がワクワクして「これはこんなに面白いことなんだ!!」と伝えたいのがヒシヒシと感じられるような講義が多かったです。

もちろん、日本の大学にも面白い教授はいるし、カナダにもつまらない教授はいます。

しかし、4年間いてつまらない教授は少数でした。

逆に、日本の大学で受けたことある講義は、ほとんどの教授がつまらなかった…

たぶん、プレゼン力の違いでしょうね。男性教授も、女性教授も話上手でした。

特に面白い教授の講義なんて、終わったあとに学生みんなで拍手!!なんて事もありました!!!

いろんな年齢の人がいる

学生のタイプも印象に残っています。

中心となる18歳~22歳ばかりではなく、おっちゃんおばちゃん、おじいちゃんおばあちゃんも見かけました。

特に私が受けたプログラミング初級の講義はおばちゃん率が高かったです。

さすがに実技(実験)が必要となるバイオ系の授業には少なかったですけどね。

卒論がない

大学学部と言えば「卒業論文」。

なんと、そのカナダには卒論がありません!!!

日本の大学には「ゼミ」というのに入るんですよね?(←ゼミの仕組みについて私自身よくわかっていませんが…)

とにかくそのゼミというのがカナダにはありません。なので卒論がありません。ゼミの先輩後輩、担当の教授とかもいません。

もちろんコースによっては実験やフィールドワークを行い論文形式のレポートを提出する、というのがありますが、これはあくまでその単位内での成績になるだけで、卒業するのに必須というわけではなりません。

ちなみにアメリカも同じようなシステムで、卒論はありません。他のアジアの国はどうなんでしょうか?気になります。

おわりに

いかがでしたか?同じ大学でも海外と日本ではだいぶ違いますね!

大学だけではなく社会全体の印象もそうですが、日本は大きなレールに乗ってその上を全員が進む、カナダは個人個人違うレールを進む、という感じです。

どちらが正しいか分からないですが、とにかくカナダの大学は楽しかったですよ♪

カナダの大学に留学して感じたリアルなメリット・デメリットこんにちは!インター卒で2児の母、ぽこたにです。 もう何年も前の話ですが、私はカナダにある4年制大学に進学し、そこの学部を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA