カナダの生活

カナダの移民受け入れ計画とは?Immigration Levels Plan を解説

2020年5月16日

こんにちは、ぽこたにです。

 

カナダは移民に寛容!
カナダはこれからもたくさんの移民を受け入れる!

そんな話を聞いて、カナダ移住を決めた方もいるのではないでしょうか。

でも、それ以上詳しいことはよく知らない…という方がほとんどだと思います。そもそもソース(情報の出どころ)を実際に読んだ人、ほとんどいないと思います。

 

実は、カナダ政府は数年に一度「カナダ移民計画」を発表していて、今後数年間どんな移民を、どのぐらい受け入れるのかあらかじめ計画しています。

英語で書かれているのですが、ネットでも公開されているので一般人が読むことも可能です。

今日は、カナダ移住を希望している人ならぜひ知っておきたいこの「カナダ移民計画」について、はじめての方にも分かりやすいように解説します!

カナダ移民計画とは?

カナダ移民計画(Immigration Levels Plan)とは、カナダ政府が発表している、今後の移民受け入れに関する計画のことです。

Immigration = イミグレーション、移民
Levels = レベル、数や推移
Plan = プラン、計画

2020年7月10日現在の最新版は 2020-2022 Immigration Levels Planで、今後3年間にどの枠の移民を、何人受け入れるかプランをまとめています。

2017年以前は、毎年1年分ずつ移民計画が発表されていました。しかし、それでは長期的な予想(とそれに伴う準備)が難しいとの批判があり、現在は3年分ずつ発表されています。

移民を希望している人にとっても、長期的な予想がつくのは安心できますね。

 

2020年も後半に入ったので、そろそろカナダ移民省のマルコ・メンディチノ(Marco Mendicino)大臣より、次の2021-2023年計画が発表されるはずです。なお、コロナによる影響も、2020年11月までに発表があるそうです。

カナダ移民計画概要

「カナダの発展には移民が不可欠である」という考えが移民計画の中心です。

実はカナダでも働く世代の高齢化と、都市化による出生率の低下が問題になっています。

そこで、労働人口を補うために移民が必要なんです。働き盛りの移民を積極的に受け入れ、労働市場を安定化させるのが移民計画の重要な柱の一つです。

さらに、世界中の優秀な移民を受け入れることで、カナダの経済をより発展させていく目的もあります。

 

カナダの移民計画は、経済発展以外の側面も持っています。

それは、難民の受け入れ家族の再統合(family unification)

2018年、世界で最も多い2.8万人の難民がカナダに定住しました。

さらに、8.5万人が家族枠(配偶者や子ども、祖父母や両親)として移住しました。

もちろん課題は残りますが、カナダの移民計画は経済だけではなく、難民の保護や離れ離れになった家族が一緒に暮らせる環境にも大きく貢献しているのです。

2020-2022年カナダ移民受け入れ目標

最新の移民計画による、2022年までの新規移民受け入れ予定数はこちら。

2020年: 341,000人
2021年: 351,000人
2022年: 361,000人

毎年1万人ずつ目標が増えていますね。この数字は、経済移民や難民、国際結婚等の家族移民のすべてが含まれています。

この移民を受け入れることで、毎年人口が1%近く増える計算です(カナダの人口は3760万人ほど)。

2020年の計画はコロナの影響で低めの結果が出るかもしれませんが、それでも、いかにカナダは移民に対して積極的が分かると思います。

 

特に、今後は経済(Economic)移民と難民の受け入れ数を増やしていくそうです。

経済移民枠の受け入れ予定数だけを見ると

2020年: 195,800人
2021年: 203,050人
2022年: 212,050人

日本人家族が日本から移民する場合はこの経済移民に該当するので、これは嬉しいニュースです!

この経済移民枠には、

・Federal Skilled Worker (技能移民)
・Canadian Experience Class(カナダ経験者クラス)
・Provincial Nominee Program (州政府推薦プログラム)
・ビジネス移民

など、カナダの経済に貢献する移民プログラムが含まれています(ちなみに、わが家は Federal Skilled Worker プログラムで永住権を取得しました)。

 

難民の受け入れ枠はこちら:

2020年: 49,700人
2021年: 51,950人
2022年:  52,950人

なお、この移民計画には一時滞在者(観光ビザ、学生ビザ、就労ビザ保持者等)は含まれていません。カナダは世界中から留学生が集まる、教育面でも人気のある国ですが、そちらのデータはまた別の機会にご紹介しますね。

最後に

最後に、2020年3月12日に行われたカナダ移民省大臣の会見の一部を抜粋します:

“Our plan will benefit all Canadians because immigration drives economic growth, contributes to our diversity, spurs innovation, and helps employers across the country access the talent that they need to succeed and to thrive...”

「我々の移民計画はカナダに住むすべての人にとって有益である。なぜなら移民はカナダの経済を発展させ、我々の多様性に貢献し、イノベーションを促し、全国の雇用主に高能力人材と出会い成功そして繁栄するチャンスを与えるからだ」

 

カナダの移民に対する政策について、参考になれたら幸いです。

今後も移民計画についてアップデートがあれば、ご紹介します。

では!

 

(今回の記事は、こちらのページの情報を参考にしています。外部サイトへのリンクです。)

 

-カナダの生活

© 2020 ぽこぶろぐ Powered by AFFINGER5