ママ向け在宅ワーク

子育てブログを差別化&オリジナル作品にするたった1つの方法

こんにちは!2人目育児で奮闘中のぽこたにです。

 

育児ブログ・子育てブログが流行っていますよね。このブログもまさに育児ブログ!育児をテーマにしたブログです。

そんな育児ブログですが、手軽に始められる代わりに大きな問題があります。

差別化しにくい。

つまり、育児ってみんな同じようなことで悩むし、同じような商品を使う。

そんな中でブログを書いても、すでに同じテーマで(しかももっといい内容で)書かれていることが多い。

どうしたら独特なブログを作ることができるのか。オリジナリティを出すためにはどうしたらいいのか。

今日はそんな悩みを解決しましょう!

育児なんて何を書いてもオリジナルになる

この通りです。育児をしていると気が付きますよね、「育児書ってあてにならない!!」というパターン。

ほんと、子供ってみんなすごく違って、同じ環境で育っても全然違う性格になったりします。

育児書が全部当てはまる育児なんて存在するのか?というぐらい、育児書はあてになりません。

つまり、あなたの育児はあなたがやってるからオリジナルなんです。

子育てブログを差別化したいならするべきたった1つのこと

書き始めた育児・子育てブログ。他の人と内容が重ならないように、オリジナリティある記事を書くためにはどうするべきか。

答えは簡単!!

「自分の育児を受け入れる」

たったこれだけです。

当たり前だと思っている毎日の育児も、改めてみるととってもユニークなんですよ。

行き詰ったら、例えばブログをこういうテーマに沿って書いてみてはどうでしょう?

記事がユニークになる基本的なテーマ例

女の子育児、男の子育児

根本的に女の子と男の子って違います。うちは2人姉妹なので、男の子の育て方については一切アドバイスできません。

だけど、一人でも男の子がいる方なら、それだけでオリジナルの記事が書けます!

例えば週末に遊ぶ場所やおすすめのおもちゃなど、女の子しかいない家庭には分からないことがいっぱいです。

是非記事にしてみましょう!

一人っ子、双子、兄弟

5人兄弟の家庭と、一人っ子の家庭では一日のスケジュールが変わってきます。

お弁当作り、洗濯、交通手段、全てが違いますよね。

一人っ子親の経験談はきっと他の一人っ子家庭の役に立ちます。

5人兄弟の親も同じです。わが家のような子供が2人いる家庭にとっては未知の世界です。

活発な子、大人しい子

子供の性格もそれだけでオリジナルな価値があります。

例えば、うちの長女は大人しすぎて困るほどです。出先でもベビーカーから降りたくない、数時間ぐらい平気で座っているから運動不足が心配、好奇心がない…などなど。

でもこういう悩みって、同じ大人しい子の家庭にしか分からないですよね。

反対に、すごく活発な子の悩みに対して私はアドバイスできません。

そういった子どもの性格についても記事にしてみる価値はありますね。

協力的な旦那、非協力的な旦那

夫が協力的な家庭なら、普段夫がどんな育児や家事をしているかについて着目してみてはどうでしょう。

パパと子供だけでいく休日の遊びスポットや注意する点、アドバイス、失敗談などなんでも人の役に立ちますよ!

反対に、育児や家事を全くしない夫がいる場合は、そんな「あるある」を書くと同じような境遇の家庭から共感をもらえます。

0歳、1歳、2歳、3歳…年齢別

同じテーマの記事でも、0歳親に向けた記事と3歳親に向けた記事では内容が変わってきますよね。

例えば同じ「便秘」に関しても、母乳・ミルクを飲んでいる0歳、離乳食が始まってからの便秘、2歳で保育園が始まってからの便秘、小学校に上がってからの便秘では対策の仕方が違ってきます。

それぞれの年齢で経験したことをその都度記事にしていけば、いろんな家庭の役に立てます。

春夏秋冬…季節別

上記とかぶりますが、同じテーマでも違う季節によって悩みや解決方法は変わってきます。

例えば「外遊び」について書こうと思ったら、夏の外遊びと冬の外遊びで違ってきますよね。他にも雨の日や雪の日など、様々な天気で差別化することもできます。

オリジナリティは掛け算で作る!

例えば、わが家のように「2人姉妹家庭の育児ブログ」ならネット上にすでにたくさんあると思います。差別化が難しいですよね。

では「2人姉妹×2歳差」はどうでしょう?少し、ライバルが減りましたね。

では「2人姉妹×2歳差×二人とも大人しい」はどうでしょう?またまたライバルが減りましたね。

こうやって掛け算を増やしていくことで、育児ブログでも他者と差別化することができるんです!

ちなみに我が家は上記に合わせて「専業主婦×英語×高学歴貧乏」です。

だんだんオリジナルっぽくなってきましたよね♪

一つ一つの要素を見るとありきたりですが、それを組み合わせると独特のブログが作れます!

まとめ

いかがでしたか?巷にあふれる育児ブログ。今更こんな記事書いても、もう誰か書いてるよなーなんて思うこともしばしばあります。

しかし、改めて見ると育児って全てがユニークなんです!

今一度自分の子育てを客観的に見て、掛け算しながらそのオリジナリティに目を向けてみてくださいね。

きっと「世界でたった一つの育児ブログ」が書けることに気が付きますよ♪

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA