ブラック企業

ブラック企業を辞めたいけど辞められない人に贈る5つの言葉

ブラック企業。

一度入社してしまうと、なかなか抜け出すのは難しいです。

わたしも超ブラック企業に入社してしまい、完全に退職するまで3年かかりました。

ブラック企業を辞めたいのに辞められない、様々な事情があると思います。

今日は、そんなブラック勤めを辞めたいのに辞められない人に言葉を贈ります。

どうかこれを読んで、ブラック企業から脱出する勇気に変えてください。

【参考記事】3年勤めたブラック企業の狂った習慣を暴露する

【参考記事】本当にいたブラック企業の狂った60代男性社長

1.この瞬間にもあなたは年をとっている

ブラック企業つらい…会社行きたくない…辞めたい…

毎日毎日そう呟いている瞬間にも、あなたは1日、年をとっています。

1ヶ月間ブラック企業に悩んだのなら1ヶ月、年を取りました。

5年間ブラック企業に苦しめられているなら5年、年をとりました。

もし5年前に辞めていたなら、今頃あなたはブラックから解放されていたはずです。5年前に決断していれば…

わたし自身は3年ブラックで働きました。

2年フルタイムで、その後1年は退職準備をかねて時短のパートに切り替えました。

なんとか3年で退職できて本当によかったです。もしズルズルと5年、10年といたら今ごろわたしは身動き取れなくなっていたかもしれません。

もしブラック企業で苦労していて退職したいなら、今すぐにでも行動すべきです。

一日でも若い方が動きやすい。貴重な人生を何ヶ月も何年も無駄にしているヒマはありません!

悩んでいる間にも時間は過ぎます。ブラック企業を退職したいなら、今すぐにでも行動するべきです。

2.あなたがいなくても会社はまわる

ブラック企業に勤めていると、次から次へと仕事が増えてきます。

それはきっとあなたも同僚も同じですよね。

ブラック企業にいると「自分が辞めたら、同僚に全部負担が言って迷惑かかってしまう…」

そう思ってしまいがち。わたしもまさにそれが心配で、退職を切りだせませんでした。

だけど、正直言ってあなたがいなくても会社は普通にまわるんですよ。本当に。

だって、企業(王将)の社長がある日突然消えても、今日も王将はおいしいメニューを提供しつづけていますよね?

一国(アメリカ)の大統領がある日いなくなっても、アメリカはいまだに繁栄していますよね?

そんな重要人物がある日突然いなくなってしまっても、社会は回るんです。

たかだか会社に雇われた人材の一人であるあなたが退職したからって、会社にはなんの影響もないですよ。

実際、わたしが当時いたブラック会社は今でも存続しています。わたしが退職したところで痛くも痒くもありません。きっとわたしの事を思い出す人もいないでしょう。退職した次の日には忘れられています。

だから、「自分が退職したら困る人がいる」なんて思わなくていいんです。

だれも困らないから。

反対に、退職せずにブラック企業で働き続けた場合、確実に苦労するのはあたな自身です。

まずは自分の人生に迷惑をかけているブラック企業をなんとかする方が大事じゃないですか?

3.退職すれば今の交友関係は切れる

#2とつながりますが、交友関係があるから退職しづらい時ってありますよね。

ブラック企業だけど同僚の〇〇さんにはお世話になったし、悪い印象のまま対象したくない…迷惑かけたくない…

その気持ちすんごく分かります。よくしてもらった人を裏切るようなことしたくないですよね。

だけど、じゃああなたは中学校時代いっしょに頑張っていたのに退部してしまった同級生のこと、今でも思い出しますか?

学生時代のバイト先で仲良かったのに辞めてしまった友人のこと、未だに責めますか?

正直、もう思い出すこともないですよね?

交友関係ってそういうもんですよ。よっぽど意識的につながろうとしなければ、仕事をやめれば人間関係は切れます。

なので安心してスパッと退職して大丈夫です。

よくも悪くも、あなたの同僚は明日にはあなたのことを思い出さなくなりますから。

4.だれもあなたの人生に責任を持ってくれない

サラリーマンなど雇われている人は常に言われたことをこなすことが最優先だと思います。

つまり、最終的に仕事に関しては会社が責任を取ってくれるんですよね(あなた自身が犯罪を犯さない限り)

だけどブラック会社はあなたの人生そのものに責任なんて感じてないですよ。

わたしもブラック企業で働いているころは毎日毎日大量の業務をこなすだけで精一杯でした。

しかし、ある時思ったんです。

こんなに苦労して我慢してるのに、わたしの人生幸せじゃなかったら誰が責任取ってくれるの?

このブラック会社は「あなたを不幸にして申し訳ありません」って謝ってくれるの?

この会社はわたしの幸せを願っているの?

結局、会社はわたしが不幸になろうと体調を崩そうと鬱になろうと、どうでもいいんです。

きっとあなたの働いているブラック企業もそうです。あなたがどうなろうとどうでもいい。なんなら、給料だって本当は払いたくないと思ってますよ。

そんな会社に人生捧げていいんですか?

あなたの人生はあなたしか責任を持てません。

どうか、そんな身勝手な会社に身を任せないでください。

5.自分から退職するしか方法はない

ブラック企業から離れたければ、自分から退職するしか方法はないです。

会社は「体調悪そうだね、休職してみる?」なんて提案してきません。

同僚も「仕事はほかに任せて、しばらく有給取りなよ」なんて言ってきません。

結局ブラック企業を辞めるかどうかは自分自身で決めるしかありません。

最近では退職代行なんていうサービスもありますが、退職を決意するのはあなた自身ですからね。使えるサービスはどんどん使えばいいですか、その決定権はあなたです。

自分で動かなければこの状況は一生変わらない。

そう肝に銘じて、勇気を出して行動しましょう。

【参考記事】3年勤めたブラック企業の狂った習慣を暴露する

【参考記事】本当にいたブラック企業の狂った60代男性社長

ABOUT ME
ぽこたに
のんびり生きる専業主婦ブロガー。 実は家族4人でカナダ移住を計画中! 専業主婦の生き方、子育て、教育、英語、海外、日本についてなどなどな~んでも好き勝手書いてます。 4歳(発達ゆっくりさん)と2歳(超わんぱく)の姉妹育児中。
人気の記事もチェック!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA