移住までの道のり

【カナダビザ申請体験談】バイオメトリックス予約方法、場所、当日の流れと注意点

こんにちは、カナダ移住計画中のぽこたに(@pokoblog01)です。

先日、カナダビザ申請に必要な Biometrics (バイオメトリックス、指紋と顔認証)を登録してきたので詳しくご紹介します。

予約方法、登録場所、当日の流れ、持ち物、注意点などできるだけ詳しく書いているのでぜひ参考にしてくださいね、

・この記事はカナダの永住権申請(Express Entry, Federal Skilled Worker)のバイオメトリックス登録に関する記事です。国、ビザの内容、個人によって登録方法が異なることもあるので、あくまで参考として読んでください。

・わたしは日本人で日本から申請しています。すでにカナダに住んでいる方、外国国籍をお持ちの方などは登録方法が異なる場合があります。

・この記事は2019年9月に作成しました。ビザ申請や移民制度は頻繁にルールが変わります。必ず移民局の公式サイトで最新の情報を確認しましょう!

バイオメトリックスって何?

Biometric とは直訳すると「生体認証」

カナダ用ビザを申請するために、事前に指紋顔写真を登録しないといけなくなりました。

入国後の犯罪防止や同姓同名などの混乱を避けるための比較的新しく、大事な制度です。

2018年7月31日より、ヨーロッパ、中東及びアフリカの申請者

2018年12月31日より、アジア、アジアパシフィック及び南北アメリカ

(引用元: VFS Global

上記の通り、日本も2018年12月31日よりカナダビザ申請にはバイオメトリックスが必要になりました。

バイオメトリックス対象者(対象ビザ)についてはカナダ移民局公式サイトを確認してください:

>> Facts about biometrics – Government of Canada

基本的には観光ビザ・ワーホリビザ・就労ビザ・学生ビザ・永住ビザ・難民ビザで14歳~79歳までが対象です(例外もあるので注意。2019年9月時点での情報です)。

わたしは永住ビザに申請中なので、バイオメトリックスが必要ですね。

バイオメトリックスはどこで登録するの?

バイオメトリックスはカナダ移民局指定のビザ申請センター (visa application centre)でのみ登録できます。

各国のカナダビザ申請センターの所在地はこちらから検索できます:

>> Visa Application Centres (VACs) worldwide – Immigration of Canada

↑このページの検索フォームに”Japan”と入力すると、日本でバイオメトリックス登録ができるビザ申請センターが表示されます。

2019年9月時点、日本で登録できる場所は東京のカナダビザ申請センターのみです!

(わたしもそうですが、地方在住者にはつらいですよね…しかし避けては通れないステップなので、がんばって行きましょう)

カナダビザ申請センター
〒105-0014
東京都港区芝1-4-3
SANKI芝金杉橋ビル4F

アクセス詳細 – VFS Global

バイオメトリックス予約方法

① Biometric Instruction Letterを受け取る

バイオメトリックスを予約するには、予め移民局から Biometric Instruction Letter が届いている必要があります。

わたしが申請しているExpress Entry の場合、Express Entry Application 提出してから数週間後にこのようなレターがアカウントに届きました↓

(わたしの分と夫の分なので、2通来ています)

このレターに登録期限など詳細が書かれているので、届いたらすぐに内容を確認しましょう。このレターが届いてから30日以内にバイオメトリックスを登録しなければなりません!!

② バイオメトリックス登録を予約する

バイオメトリックスの予約はカナダビザ申請センターのサイトからおこないます。

>> VFS Global カナダビザ申請センター

電話予約やメールなど、いくつかの予約方法があるので都合の良い手段を選びましょう。

わたしはスマホから簡単にできるチャットサービスを使い、すぐに予約出来ました!

チャットだと、こんな感じでオペレーターとリアルタイムでやりとりして、その場で予約ができます↓

予約が完了すると、登録したメールアドレスに確認のメールが送られてきます。

予約日時当日の持ち物など記載されているので必ずチェックしましょう。

また、 Appointment Letter(予約表)Consent Form (同意書)も添付されています。指定された通りに印刷して、当日ビザ申請センターに持って行きましょう。

当日の流れ① カナダビザ申請センターに行く

当日は、予約した時間にカナダビザ申請センターに行きましょう。

予約表を確認すると

↑このように書かれていました。

“not more than 15 minutes before the appointed time” はつまり「予定時刻の15分以上前に来ないでください」。

きっちり書かれていますが、実際には早めに着いたらオフィスの外で待つだけなので、特に問題ではないようです(それでも30分、60分も前に行っても邪魔なので、なるべくぴったりの時間に行きましょう)。

カナダビザ申請センターは東京浜松町にあるこのビルの4階。

カナダ以外にも、シンガポールとニュージーランドのビザ申請も同じオフィスでおこなっているようです。

建物の中に入ると階段があり、奥へ進むとエレベーターがあります。

↑一応スロープもついているので、ベビーカーがあっても大丈夫!

わたしが行った日にも子連れで来ている人がいました(ただし、中は静かでセキュリティチェックがあったりするので、なるべく小さい子は預けてきた方が無難です。14歳未満はバイオメトリックスが不要です。)

このエレベーターで4階まであがります。

4階で降りると、すぐにオフィスがあります。

4階にはこのオフィスしかないので、迷うことはありません!

ドアは鍵がかかっているので、スタッフに案内されるまでこの黄色の線に沿って待ちましょう。

↑もしだれも来なかったら、このベルの鳴らせばOKです。セキュリティチェックは中に入ってからおこないます。

写真でも見てわかるように、このスペースは狭いし椅子もありません。なので、もしあまりに早くついてしまったら、外のカフェなどで待つ方がいいと思います。

スタッフから案内がきたら、中に入ります。

※この先はスマホ使用禁止、飲食禁止なので要注意

当日の流れ② 受付、セキュリティチェック

※オフィスの中に入ると電気機器の使用が禁止されているので、スマホも使えません。そのため、残念ながらここから先の写真はありません m (__)m

受付でまず持参した資料を出します。

事前に指示されている持ち物ですね。

Express Entry, Federal Skilled Worker で永住権を申請しているわたしの持ち物はこちら:

  1. パスポート
  2. Biometric Instruction Letter
  3. Appointment Letter
  4. VFS Global Consent Form (2部)

ビザ内容や国籍によって変わるかもしれないので、必ず自分の Biometric Instruction Letter(案内)を確認しましょう!!

ここで書類が揃っているか、必要な箇所にサインがされているか確認してもらえます。

OKなら、受付番号の書かれた紙がもらえます。

その後簡単なセキュリティチェックをします(空港のような厳しいものではなかったですよ)。

まずはスタッフがハンディ金属探知機でボディチェックを行います。

その次に、簡単な荷物検査があります。

最後にスタッフにスマホなどの電子機器の電源を切るように指示されるので、その通りにして所定の待合室で待ちましょう。

カナダビザ、シンガポールビザ、ニュージーランドビザ、それぞれ違う待合室に案内されます。

当日の流れ③ バイオメトリックスの登録

※この待合室もスマホ使用禁止です。飲食も一切禁止です。

待合室で待っていると、電子画面に受付番号が出て呼ばれます。表示された番号の部屋(個室)に入りましょう。

ここからはあと指示に従って、指紋と顔写真を登録するだけです。

ここで再びパスポートと書類を提出します。

まずは指紋登録

どうやら手が乾燥していると指紋が取りにくいらしいので、乾燥肌の人は事前にハンドクリームを塗っていた方がいいかもしれません。

(わたしはクリームを持っていなかったので、スタッフに「じゃあ…ほっぺなどちょっとこすってください(それで脂つけてね)」って言われました (^^;))

その次に顔写真。普通の証明写真の要領で撮影します。メガネも外しますよ。

この2つが終わったら、IDなどかかれたレシートを発行してもらって、バイオメトリックス登録完了!

ここまでの流れで、待ち時間20分、指紋と写真登録5分ぐらいでした(わたしの前に数人いました)

事前に30分ぐらいで終わりますと聞いていたので、時間通りでした。

当日の流れ④ 移民局への申請

わたしが申請しているビザ(Express Entry, Federal Skilled Worker)の場合、バイオメトリックスに登録された情報はカナダビザ申請センターから直接カナダ移民局に送られるので、わたしがする手続きはこれ以上ありません。

登録が完了するとカナダビザ申請センターからその旨のメールが届きます(わたしは午前中にバイオメトリックス登録し、夕方にはこのメールが届きました)。

Immigration のアカウントにログインして確認すると、翌日には無事バイオメトリックス完了と表示されていました。

これでバイオメトリックスの申請は終了です!

このバイオメトリックスの情報は10年間有効なので、IDなどは大切に保管しましょう。

バイオメトリックス申請の注意点

①家族で申請する場合、全員分予約が必要

家族でビザ申請している場合、全員分のバイオメトリックスを登録する必要があります。

そして、予約もそれぞれの分を別々にしないといけないので注意。

※14歳以下の子供はバイオメトリックス不要です!

バイオメトリックスを登録してくださいねと書かれた Biometrics Collection Letter も家族分が別々に届くので、必ず自分の名前が書かれた方を印刷して持っていきましょう。

下記の画像は、わたし用と夫用に届いたbiometrics collection letter (biometrics instruction letterのこと)

いっしょに申請している娘たち2人は未成年なので、この手紙は届きません。

事前に予約しないとバイオメトリックス登録できないので、気を付けましょう。

②必要書類に注意

いろいろな書類があるので、絶対に忘れないように気を付けましょう。

  1. パスポート(ビザ申請に使った、自分の名前の書かれたもの)
  2. Biometric Instruction Letter (Immigration から送られてくる案内書。これも自分の名前が書かれているもの。このレターが届いてから、バイオメトリックスの予約をしましょう)
  3. Appointment Letter(バイオメトリックスの予約が完了したらメールに送られてくる書類。予約日時、氏名が書かれている)
  4. VFS Global Consent Form(同意書。こちらも予約が完了してからメールに送られてくる。日本語で予約した場合は日本語の同意書が送られてくることもある)

2~4 に関しては pdf ファイルなので、念の為スマホにもダウンロードしておきました。

万が一紛失しても、スマホからコンビニで印刷できますからね。

(わたしはよくネットワークプリントという無料サービスを使ってコンビニから書類を印刷してます。便利です!)

③登録期限に注意

ビザによって期限が違うかもしれませんが、わたしが申請しているカナダの Express Entry (Federal Skilled Worker)の場合、Biometric Instruction Letter が届いてから30日以内にバイオメトリックス登録する必要がありました。

よほど特殊な事情がない限り、期限は30日です。(よほどの事情があるなら、それを移民局に説明し証明する必要があるのでややこしいです)

万が一期限を過ぎてしまったらビザ申請自体がキャンセルになる恐れがあるので、必ずこの期限を守りましょう!!

 

以上がカナダビザ申請に必要なバイオメトリックスの登録方法です。

繰り返しになりますが、ビザ申請のルールは頻繁に更新されるので、必ず公式のサイトでも確認しましょう!

 

 

人気の記事もチェック!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA