子ども英語

【おうち英語】大文字と小文字、アルファベットで先に教えるべきなのはどっち?

あなたは子供にアルファベットを教えるとき、大文字(ABC)から教えていますか?

それとも小文字(abc)

 

よく考えたことないけど、とりあえず大文字(ABC)からはじめた

 

という方がほとんどではないでしょうか。

 

でも、これって本当にベストな方法なのでしょうか?

わたしはアルファベットは小文字(abc)から教えるべきだと考えています。

その理由についてお伝えします。

アルファベットは小文字から教えた方がいい理由

英語の文章はほぼ小文字で構成されている

英語の文章を思い浮かべてみてください。

例: There is an apple on the table.

ご覧のとおり、ほぼ小文字でできていますよね。

 

それもそのはず、英語の大文字というのは使われる場面がかなり限られています。

大文字が使われるのはこんなとき:

  • 文(センテンス)の一番はじめの文字。
  • 人の名前など固有名詞のはじめの文字。
  • BANG!! など効果音を表す時。

などなど。少ないですよね。

このように、英語の文章は決まった場面以外ほぼすべて小文字でできています。

 

英語のセンテンセスがほぼ小文字で構成されているなら、単純に考えても小文字から教える方が効率がいいですよね。

絵本を読むときだって、小文字を知っている方が圧倒的に読める量が多くなります。

 

日本語だってカタカナよりも先にひらがなを教えます。

ひらがなの方がよく使われる文字ですからね。

小文字の方が難しいからこそ先にマスターした方がいい

基本的に大文字よりも小文字の方が複雑で難しいです。

丸っこい字が多いし、似た文字も多いですよね(例: q と p、 i と j)

なので、最初は小文字の方が覚えるのが大変かもしれません。

だけど、先に難しい方をマスターするメリットもあります。

 

たとえば苦労してアルファベットの大文字を覚えた子からすると

「えーやっと大文字を書けるようになったと思ったのにまだ小文字もあるの~?!しかももっと複雑で難しいし!もうやりたくない!」

とがっくりくるケースがあります。

実際、わたしが教えていた生徒(中学生)にも大文字は覚えられたのに小文字が一向に覚えられない子がいました。

本人としては「もう大文字覚えたんだから、十分でしょ」と一気にモチベーションが下がったようです。

 

しかし、小文字を覚えないことには文章も読めないし、文章が読めないと学校で英語が始まったときに行き詰ります。

モチベーションが高いうちに小文字を教えることで、その後もスムーズにリーディング・ライティング練習に進むことができるのではないでしょうか。

結局両方教えるなら同じじゃないの?

ここまで読んで、ある疑問がわくかもしれません。

 

最終的にはどっちも教えるんだから、順番なんてどっちでもいいんじゃないの?

 

たしかに、結局大文字も小文字も教えるならどちらから始めていいのかもしれません。

実際に英語圏のカリキュラムでは先に大文字を教えますし、それで全く問題はありません。

 

しかし、ここは日本。

 

日本で子供の英語教育につかえる時間って本当に短いです。

すぐに成長して学校英語がはじまるし、気が付いたら社会人。

特におうち英語だと幼児~小学生までが中心なので、いかに効率良く英語を身に着けさせるかが鍵。

 

大文字も小文字も両方カンペキに覚えてから3文字単語の読みに進もうかな~

なんて悠長なことを言ってる暇はないです!

 

先に小文字を教えて、それが読めるようになったらさっさとフォニックスに進み、3文字単語の読み、その他リーディング・ライティングに進めた方が圧倒的に効率がいいです。

大文字はあとからついてきます。

まとめ:おうち英語は小文字から教えよう

まとめると、おうち英語では先に小文字から教えた方がいい理由は2つ。

  1. 英語の文章はほぼ小文字でできている
  2. 小文字を先に覚えておけばあとからラク

もちろん、そでに大文字から教えていたとしても焦る必要はありません。

ただ、大文字を完璧に覚えるまでいつまでも時間を使っていると、本来の「読む」練習が遅れます。

最終的に「読む」を目標とするなら、大文字の練習はそこそこに、小文字へ進んだ方がいいでしょう。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA