【全員プレゼント】話題の豪華無料サンプルが必ずもらえる幼児通信教育ベスト4
育児の悩み

3歳の娘がごはんを食べなくなった話|少食の原因と一番効果的だった対策

こんにちは、2人育児に奮闘中のぽこたにです。

 

 

3歳の長女が最近急にごはんを食べなくなりました。それまでなんでも食べていたのに、一体何が??

考えられる原因と対策をご紹介します!

  • 子どもがごはんを食べない
  • 子どもの食べムラでイライラする

こちらの記事も読まれてます→→【全員プレゼント】豪華な無料教材サンプルが必ずもらえる人気の幼児通信教育ベスト4

好き嫌いなしだった娘

長女は0歳の離乳食期から一切好き嫌いがなく、なんでも淡々と食べる子供でした。

淡々、というのは、例えばほうれん草を食べる時もイチゴを食べる時もクッキーを食べる時も同じように淡々と食べたし、食事を多めに盛り付けても淡々と完食し、少なめに盛り付けても特におかわりを要求することもなく淡々と食べ終わりました。

食事に関しては比較的「ラク」な子だったと言えます。

3歳になり、食べムラが出てきた

そんな来るもの拒まずな長女でしたが、3歳になり、ついに食べムラが出てきました。口も達者になってきてすぐ「もう食べなーい」「もういらなーい」「噛めなーい」「歯にはさまったー」と訴えてはダラダラするようになりました。

一体なんで?!

一生懸命作ってるのになんなのその態度?!

せっせと作ったものを食べてくれないと、ガクンときますよね。 一体どうしたら食べてくれるのか?

子供がごはんを食べない理由

子供にごはんを食べさせるには、まず「食べない理由」いう原因を考える必要があります。娘の場合、考えられる理由は4つありました。

お腹が空いていない

大人と子供ではエネルギー消費の速さが違います。大人が空腹だからと言って子供も空腹だとは限らないし、反対に大人が満腹だから子供も満腹だとは限りません。

つい「もうこんな時間なんだからお腹空いているはず!」と思いがちですが、必ずしもそうだとは言えません。

まだ3歳だからはっきりと自分は今お腹が空いていないと認識できずに、よく分からないけど今食べたくないけど目の前に食事があるからダラダラ、という事が起きているのかもしれません。

食事が華やかじゃない

自分で言うのも悲しいですが、私が作る料理は華やかではありません。超ふつうな食事です。

特に子供用の食事を意識していないので、一般的な一汁三菜っぽい献立です。

ハンバーグをする時にクマさんの形にしたりだとか、おにぎりに海苔でニコニコ顔を描いてあげるとか、全くしません。カレーに入れる人参も普通の形です。星とかハート型とかしたことがありません。ひょっとしてそれが子供にとってはつまらないのかも?

気が散っている

実はこれが一番ありえる理由かなぁと思っています。というのは、長女の食べむらが出てきた時期はちょうど次女(現在1歳2か月)が私達と一緒に食事をするようになった頃と重なるんです。

それまで次女には夕方5時頃、一足早く夕飯の離乳食を食べさせていました。しかし、1歳になり幼児食へと移行すると、夕飯を二回準備するのがめんどくさくなり、家族全員一緒に食事をするスタイルに変えました。

妹と一緒にごはんを食べられるのが嬉しい長女は、食事中も次女がしていることを実況したり(「○○ちゃん今こぼしたよ!」「○○ちゃんのほっぺにごはん付いた!」など)、とにかく気が散っているのかもしれません。

ちなみに、食事中はほとんどテレビは付けていません(たまにニュースとか見る程度)。

味覚、触覚が発達した

個人的な考察ですが、長女が0歳~2歳までなんでも淡々と食べていたのは味覚や触覚(舌触りなど)があまり発達していなかったからではないかと考えています。いわば「鈍感」だったのではないかと。

例えばプレーンヨーグルトをあげたら少し酸っぱそうな顔をしたこともあるので、味覚に異常があるわけなさそうですが、きっと平均よりその辺の感覚の発達が遅かったのかもしれないですね。

確かに2歳を過ぎてからは甘い果物やおやつの方が勢いよく食べるようになったし、美味しいものはおかわりも要求するようになってきました。

3歳になった今、ついに好きな味や食感、苦手な味や食感が表れてきたのかもしれないです。

子供がごはんを食べるために実践したこと(としなかったこと)とその結果

 お腹を空かせる

基本中の基本ですが、改めて食事の時間までにしっかりお腹を空かせるよう心がけました。午前中は外遊び、夕方は近所を散歩。家にいる時はダラダラタイムを減らし、頭を使ったり体を使った遊びをもっと取り入れてみました。

結果 【★★☆☆☆】

長期的に見たら効果があるのかもしれませんが、即効性はありませんでした。もうあと数か月続けて、体力がついてきたらまた変わるかもしれません。

それと、今度は「もっと運動させなきゃ」「散歩に行かなきゃ」というプレッシャーが(私にとって)若干ストレスになりました。午前中はまだしも、夕方に散歩に行くのって億劫ですよね…。

長女と次女、食事のタイミングをずらす

1歳の次女が一緒に食卓を囲むことで長女の気が散っているなら、食事のタイミングをずらすのはどうか。ためしに次女だけ先にごはんをあげることにしました。

結果 【★☆☆☆☆】

まず、長女がそれを嫌がりました。「○○(妹)ちゃんと一緒に食べるーーーー!!!!!」と言って食事どころではなくなり…。そして次女も次女で、自分が一人で先に食べるのは良くても、そのあとみんなが食べてる時に自分だけベビーベッドの中で待機させられるのを非常に嫌がり、大泣き。結局どちらもまともにごはんを食べられず。

みんな一緒に食べることが一番平和だという結論になりました。

おやつを工夫する

幸い、長女は「おやつ」という言葉が大好きで今のところ「おやつ」ならなんでも食べます。これはチャンス!三度の食事であまり食べられなかったものを、おやつで摂り入れればいいじゃないか!

例えば…

今日は白ご飯をほとんど食べななかった → おやつはパン!バナナ!おにぎり!

お肉を食べなかった → おやつはソーセージ!ゆで卵!チーズ!

野菜を食べなかった → おやつは野菜スティック!果物!野菜チップス!

結果 【★★★★☆】

さすがおやつ!夕飯ならほとんど残していた野菜も、おやつという名目なら食べました。

また、おやつって毎日の事なのでなにをあげたらいいのか迷いますが、こうやってその日(または前日)あまり食べなかった栄養素を補うように決めると、メニューに悩むこともなくなるし栄養もしっかり摂れます

デメリットはこれがいつまで続くか分からないということと、おやつの量を気を付けないとお腹が膨れてしまいごはんが食べられないという悪循環になってしまうこと。

食事を華やかにする

これは実施しませんでした。人参を星型にするぐらいやってみようかなーとも思ったんですが、そうすると次回普通のつまらない形で出されたとき、食べなくなってしまうんではないかという懸念がありました。毎回かわいい盛り付けにする余裕は私にはありません…。

結果 【-----】

実施しませんでした。

少なめに盛り付ける

ごはんもおかずも、思い切って以前の半分の量だけお皿に盛り付けることにしました。

結果 【★★★★☆】

たくさん盛り付けて半分残されるのと、少なく盛り付けて完食されるのでは気持ちが180度違います!!イメージの問題ですが、これは精神衛生的にかなり有効でした。

娘も完食できるのが嬉しいのか、「あと一口食べてみようかな」と考えているようでした。完食する回数が増えればそれだけ褒められる回数も増えるので、娘にとっても私にとってもいい対策でした。

万が一ほとんど食べなくても、これなら食べ物ロスが少ないのもよかったです。

デメリットは、おかわりをしない限り結局食べる量は増えていないということ。

あきらめる

究極の対策はこれです。子供がごはんを食べなくても、諦める。食べなくても死なない。明らかに体調を崩したり体重が減ったりしなければ大丈夫と考える。

結果 【★★★★★】

これは親の性格によると思いますが、私は元々なんでも「まぁいいか」で済ませられるタイプなので、この発想がぴったりでした。

もちろん、食事を何日も一口も食べないというようなレベルなら「まぁいいか」で済ませてはダメですが、「最近野菜全然食べない…」「もっとお米食べてほしい…」というぐらいなら、子供なんてそんなもんだと割り切るのが一番ストレスがなくて良いです。

実際、幼稚園や小学校の集団生活が始まったらお友達に影響されて食べるようになったという話もよく聞きますし、大人になるまでごはん一口しか食べないなんていう人はそうそういません。

そもそも、この世に生まれてたかだか数年の幼児がそんなに完璧に食べられるわけがないですよね。

まとめ

ごはんを食べなくなった3歳の娘に対して有効だった手段はこの3つでした。

  1. 食べない栄養素はおやつで補う
  2. 少なく盛り付けて食べた気にする
  3. そんなもんだと割り切る

これらに共通するのは「ちゃんと食べなさい!!」と怒らずに済むということですね。結局、幼少期の食事というのは必要な栄養を摂るのと食事は楽しいことだと体験することが目的です。長期的に見て、今は無理やり食べさせることより楽しさを優先した方がいいと思いました。

誰だって「まだ食べてないの?」「早く食べなさい!」なんて言われながら食べたくないですよね。しかもちゃんと食べてるかジロジロ見られながらなんて、子供でも絶対プレッシャーになってるはず。

その内きっともっと食べてくれるようになることを願いながら、とりあえず今は「はいはい、もうごはんいらないのね。じゃあごちそうさまね」で済ませてみてもいいのかもしれないですね。

こちらの記事も参考にしてね→→子どもが白ご飯を食べないときの救世主

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA