楽しい育児

二人育児のリアルなタイムスケジュール大公開!2歳と0歳と毎日何する?お出かけは?

こんにちは、二人育児に奮闘中のぽこたにです。

2歳差のきょうだいって可愛いですよね。可愛い。可愛いんですよ。

だけどおおおおお!!!

ツライ!!!辛い!!!毎日毎日なにをすればいいのか分からない!!

まだまだ手のかかる2歳の上の子と、生まれたての0歳と一緒に何をして過ごせばいいのか分からない!

めっっっっちゃ分かります!!!わが家もまさにそんな感じでした。

そこで今日は、わたしと同じように辛い二人目育児をしている方に、ちょっとでも「一人じゃないよ」「みんなそうだよ」と安心してもらうために、実際にわたしが経験した二人育児の一日のタイムスケジュールを紹介します!

とくに大変だった2歳と0歳をピックアップします。同じ2歳差でも、この頃が一番つらかったから…。

テキパキした日と、ダラダラした日のスケジュールを包み隠さずお見せします。

ぜひ参考にしてくださいね。

  • 2歳差の二人育児がつらい
  • 下の子がまだ0歳でいっしょに遊べない
  • 毎日何をして過ごせばいいのか悩む
  • 他のママのタイムスケジュールを参考にしたい

二人育児のタイムスケジュール(テキパキ編)

さっそく行きます!

二人育児が始まったころの【テキパキした】一日はこんな感じです!

7:00 ママ&パパ起床、身支度、洗濯
8:00 上の子(2歳)起床、Eテレ見ながら身支度
9:00 パパ出勤、下の子(0歳)起床
10:00 おでかけ
12:00 帰宅(途中、上の子ベビーカーで昼寝)
13:00 昼食
14:00 室内あそび、又は公園
16:00 おやつ、Eテレ(その間に夕飯支度、家事)
19:00 パパ帰宅、夕食
20:00 パパと子どもたちお風呂(その間にママ片付け)
21:00 寝かしつけ
0:00 ママ&パパ就寝(夜間に下の子授乳)

いやーテキパキしてますよね?

だって朝7時に起きてるなんて!子どもよりも先に起きてるなんて!

で、10時におでかけできるという事は、子供のイヤイヤもあまりなくてスムーズに身支度できたということ。

長女は2歳後半になるまでほとんどイヤイヤがなかったんですよね…なので、2歳前半はこのようにスムーズに朝の準備ができることが多かったです。

さて、お出かけが午前中に1時間半~2時間ほど。

下にも書いていますが、だいたい児童館か近所のイオン、公園をぶらぶらするのが日課でした。

しかもこのテキパキ版タイムスケジュールでは、帰宅途中の時間も無駄にせず、ベビーカーで上の子のお昼寝まで済ませちゃうというミラクル効率化してます。

そして帰ってきたらすぐにお昼ごはん。だいたい前の日の夕飯の残りを出すことが多かったです。夕飯の残りというか、わざわざ夕飯を多めに作ってお昼に食べられるようにしてました!

午後はもう一度公園、もしくは室内遊び。

16時からはEテレの「おかあさんといっしょ」「いないないばあ」など子供たちが大好きな番組が始まるので、その間に夕飯の支度です。

ちなみに買い物はネットで済ませていたので、行く必要がありませんでした!!ネット宅配は本気で二人育児中のママにとって神サービスなので、まだ使っていない方は使った方がいいです。買い物に行く時間がばからしくなります。

【参考記事】二人目育児中のママが迷わず食材キット宅配サービスを使うべき理由

旦那が19時頃に帰ってくるので、みんなでそろって夕飯。

旦那が子どもたちをお風呂にいれている間に、わたしが夕飯の片付けをします。

そして21時までに寝かしつけ。

このテキパキタイムスケジュールだと、子供たちはスムーズに寝てくれるので、わたしは寝かしつけのあと0時ごろまで自由時間。

このすきま時間にいろいろできますね。

ちなみにわたしはこの時間を有効活用して、ブログを書いていたりしました♪この時間に在宅ワークをしておこづかい稼ぎをするママも多いんですよ!貴重な時間ですね。

【参考記事】「育児が退屈すぎて辛い」とおさらば!専業主婦でも刺激的な毎日を送れる方法

【参考記事】子育て中の主婦なら断然在宅ワーク!今すぐ始められるおすすめの在宅お仕事サービス3選

そして自由時間を満喫したあとで、0時就寝。

以上がわたしの経験した超テキパキタイムスケジュールでした!!

実際、がんばって、たまにこんな充実した生活もしてたんですよ。

※ちなみに上の表では省きましたが、下の子(0歳)の授乳やお昼寝は適当に、必要なときにその都度するという感じです。表がごちゃごちゃするので含めませんでした…二人目だと適当になりますよね!!

続いて、2歳差育児の【ダラダラした】一日のスケジュールです!

二人育児のタイムスケジュール(ダラダラ編)

8:00 パパ起床
9:00 パパ出勤、ママ&子どもたち起床
10:00 洗濯、だらだら身支度
11:00 お出かけを試みるも、面倒になりやめる
13:00 昼食、昼寝
14:00 室内あそび、テレビ
16:00 おやつ、Eテレ(その間に夕飯支度、家事)
19:00 パパ帰宅、夕食
20:00 パパと子どもたちお風呂(その間にママ休憩)
21:00 寝かしつけ、ママ一緒に寝落ち(家事が明日やる)

ごらんの通り、一回も出かけてないです(笑)

ダラダラというか…むしろこっちが標準的なタイムスケジュールですね、正直言いますと!!

まず、起床時間が9時になるともうダメ。

だって、準備が終わるころにはもう11時なんですよ!!

11時からどこかお出かけしようと思いますか?!思わないですよね!

で、悪循環なんですが、朝ダラダラすると子供たちもダラダラしはじめて、身支度をしなくなるんですよねー…

親のダラさは感染するんでしょうか…?

あっと言う間に11時になります。

もうちょっとでお昼ごはんとお昼寝だし、このまま家の中で過ごそうってなります。

わざわざ30分でかけるだけのために、準備するのめんどくさいですもんね…下の子抱っこ紐にいれて、上の子ベビーカーに乗せるだけでも大変です。

そしてお昼ごはんを食べてお昼寝を済ませたあとも、なんとなく朝のダラダラ感が抜けずに、そのまま午後もダラダラ

夕飯の準備は一応するけど、それ以外は基本放置。適当にテレビ見せたり。

夕飯は手抜き。

明日できることは明日やる!明日もやるとは限らないけど!

基本的にこの時期の育児は最低限「子供の命が守られていればOK」だと思っているので、本当にしんどいなら無理して出かけなくてもいいんじゃないですか。

だって本当に本当にしんどいんですからね…。

2歳と0歳連れの午前中のお出かけ

さて、テキパキ編のタイムスケジュールでも紹介した通り、午前中はしっかりとお出かけをする日もあります。

しかし、2歳と0歳を連れているとなかなかお出かけできる場所がないんですよね。

ほんと、毎日毎日「今日はどこへ行こう?」と悩んでました。

結局よく行く場所は決まってくるんですよね。

わたしがよくお世話になったお出かけ先はこちらです。

児童館・支援センター

ダントツで近所の児童館・支援センターに行く回数が多かったですね。

マンネリはするけど、行きやすさはナンバーワン

【児童館のいいところ】

  • 無料
  • 近所にある
  • 天気、気温に左右されない
  • ベビーベッドがあれば、下の子を寝かせておける
  • トイレに行きたい時など、一時的にスタッフにフォローをお願いできる
  • 乳幼児向けのプログラムがある
  • 乳幼児向けのおもちゃがある
  • ほとんどママばかりなので、ケープがあれば授乳も気にならない
  • おむつ替えの場所の心配がいらない
  • 他の子供・ママと交流できる

もちろんこのメリットは児童館によるので、実際に行ってみて確認するのが一番です!

わたしがよく行った児童館は、プログラムが予定されている日以外はかなり空いていました。

特に開館直後はほぼ貸し切り状態なので、下の0歳はその辺に寝転がせて、2歳の上の子と思いっきり遊ぶというパターンが多かったです。

さすがに毎日同じ児童館にばかり行くとわたしの方が飽きるので、2~3箇所をローテンションで行っていました。

公園

天気がいい、気温がいい時はやっぱり公園がいいですね。

2歳児を公園で遊ばせる時、下の0歳は抱っこ紐、おんぶ、ベビーカーのどれかに入っていてもらってました。

ちょっと走り回ったりボールを蹴ったりするときは抱っこおんぶが便利です。

だけどすべり台、シーソー、ブランコなどを2歳児といっしょに遊びたい時は下の子をベビーカーに寝かせて、近くに待機させていました。

真夏や真冬などはどうしても公園に連れていく機会は減りましたね…0歳時には辛すぎる!

その代わり、夫が休みの日には上の子だけ連れて思いっきり遊びに出てもらいました。

図書館

場所によると思いますが、うちの近くにある図書館には子供用のカーペットスペースがありました。

短時間なら下の子をそこで寝ころばせつつ、上の子に絵本を読んであげられました。

絵本の読み聞かせなら家でも出来るけど、場所が違うとかなりの気分転換になりますよね。

月一回は赤ちゃん向けの読み聞かせイベントも行われていたので、そのタイミングで行くとスタッフがおすすめの絵本などを紹介してくれて楽しかったです。

その図書館にはちゃんとした授乳室はありませんが、必要があれば事務室で授乳やおむつ替えをできるとの事でした。

図書館に行く際は、事前に授乳室や乳幼児向けプログラムのことを確認しておくことをオススメします!

散歩

特に誰とも会いたくない、だけど家の中に引きこもっていたくない、という時はただ近所をぶらぶら散歩しました。

上の子の機嫌がいい時は徒歩、機嫌が悪いときはベビーカーに乗せて、下の0歳は抱っこ紐に入れ、ただ適当に歩きました(上の子はベビーカーに乗っていると大人しくなるタイプの子どもでした)。

抱っこ紐だとわたしが疲れるのでどうしても長時間は行けないですが、ちょっと外へ行って、どこかベンチに座って上の子とおやつを食べて、また帰るという散歩が定番でしたね。

いつもと違う道を通ってみたり、いつもと違うおやつを買ってみたりするだけでもいい気分転換になりますよ。

個人的に行きやすいなと思った散歩中の寄り道スポットはコンビニ神社商店街スーパーでした。

2歳と0歳の午後の室内遊び

どうしてもわたしのエネルギーが切れるので、午後は室内で遊ぶことが多かったです。

2歳と0歳の室内遊び…と書きましたが、実際にはまだいっしょに遊ぶことはできないですよね。

2歳の上の子といっしょに遊びながら、下の0歳はどこかでコロコロさせながらたまに様子みたり声を掛けたりというのが多かったです。

2歳になるとだんだんとおもちゃが細かくなっていくので、この時期は下の子を隔離するためのベビーベッドも大活躍でした。

おわりに

2歳と0歳を連れていると、なかなか簡単にはお出かけができなくてしんどいですよね。

しかし、下の子が歩けるようになったらもっといろいろと遊べる場所が増えます!

お出かけで一番大変だったのはこの2歳と0歳前半の時期でした。

あまり無理はせず、それまでなんとか乗り切りましょう!

【関連記事】2人育児の本当に成功した寝かしつけ方法|2歳差ワンオペでもぐっすり!

【関連記事】え?!まだワンオペで子供2人お風呂に入れてるの!?なぜか誰もやってない超楽チンな方法

【関連記事】2歳児が大喜びするおすすめの室内遊び特集|運動、指先を使った知育遊びも♪

人気の記事もチェック!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA