あそびとおもちゃ

2歳児が大喜び!おすすめの室内遊び27選|運動遊び&指先を使った知育遊び

こんにちは!毎日の子育てが楽しくなるよう工夫をこらしているぽこたにです。

さっそくですが…2歳児って大変ですよね!!

お部屋遊びもネタ切れ、だけど一人遊びはまだしてくれないし、ちゃんと遊ばないと怒るし、ダラダラしてると体力もてあまして夜の寝かしつけに影響してくるし…

本当に本当に大変ですよ!!室内で2歳児を相手するのは!!

ということで、今日はわたしがこれまで実践してきて、実際に子供の反応がよかったオススメの2歳児向け室内遊びをまとめてご紹介します!

少しでもみなさんのお役に立ちますように!

  • 外遊びができなくて困っている
  • いつもの室内あそびでがマンネリしている
  • 今すぐ遊べるアイディアが知りたい

2歳の室内遊びにはスマホもバランスよく活用しよう!

まず、正直に言います。

わたしは子どもたちと室内遊びをするとき、思い切ってスマホ動画も活用してます!!

室内遊びをする日はスマホも活用しつつ、体を使った遊びも指先の知育遊びも取り入れつつ、バランスよく過ごすのがわたし流です。

ちなみにYouTube もいいですが、「いないないばあ」「おかあさんといっしょ」「アンパンマン」「機関車トーマス」などの2歳児が大好きな公式動画がいつでも見られるU-NEXTがおすすめ。

一緒に踊ったり歌ったりできるので楽しいですよ♪

先日、無料おためし体験キャンペーンに申し込んでみたので、その時の記事も参考にしてくださいね!→ 話題の動画配信サービス【U-NEXT】の無料おためし体験やってみた!

今もまだキャンペーン中みたいです。興味のある方はぜひチェックしてみてください!⇒無料トライアル実施中!<U-NEXT>

いつでもスマホ見せていいんだ~と思えるだけで、心に余裕が出ますよね。その余裕を持って、子どもといっしょに遊びましょう!

2歳におすすめ室内運動遊び6選

ダンス・手遊び

体を使った遊びと言えばダンスと手遊び!

定番ですがわが家ではわ~お!とブンバボーンが大人気です。普段からよく踊っていますが、たまにバリエーションをつけたりします。(2019年4月からの新しい曲はまだ覚えてません~汗)

同じ歌でも、すごーーーくゆっくり踊ってみたり、逆に超高速にしたり、歌詞を全部「あ」や「ん」に置きかけたり、目を瞑って踊ったり、いろいろ試しているといつの間にか何回も何回も踊っています。

2歳児って、「よく知ってるけどいつもとバージョンが違う」ものが大好きですからね!

大人からするとくだらいないですが(笑)

手遊びも工夫すればかなり体力を使いますよ!例えば「大きなくりの木の下で」「あたま・かた・ひざ・ぽん」は全身を使うのでおすすめです。

風船遊び

風船遊びも定番ですね!

普段はただポンポンするだけで終わってしまいますが、ちょっとした工夫でいつもより楽しい風船遊びになりますよ。

【すぐできる!風船遊びのアレンジ方法】

  • いろんな高さから風船を落としてキャッチ
  • いろんな大きさの風船を使う
  • 紙風船、ビニール袋風船やゴミ袋でいろんな素材で風船を作る
  • 風船サッカー(どこかゴールを指定する)
  • 風船野球(新聞丸めて作った棒をバットにするのおすすめ)
  • 風船ホッケー(↑の棒や、サランラップの芯をスティックに)

ただ風船を膨らませるだけでも最初はかなりテンションあがりますけどね。

とくに風船野球はおすすめですよ~!普通ならソッコーで「ダメ!!!!」と言いたくなる野球遊びも、風船と新聞紙丸めたバットなら笑顔で見守れます。

ホッケー(というかゴルフ?)も、意外と難しくて、集中してやってくれます。

わが家では100個入りの風船パックを買って、好きな時にすぐに用意できるようにしています。

意外とあっと言う間になくなりますよ!

シャボン玉が上手にできるなら、懐かしのストローで含ませる風船おもちゃもおすすめ↓

バルーンアートも慣れるとめちゃくちゃ簡単です(わたしでも作れます!)子どもが大喜びするので、おうちで作ってみるのもいいですね↓

ハイハイ

うちの2歳の娘はもうほとんどハイハイしなくなりましたが、ダンスやゲームを取り入れるとどんどんハイハイしますね。

ハイハイって全身の筋肉をバランスよく使うし、かなりいい運動になるんですよ。

ただ「ハイハイするよ~」ではつまらないので、ゲーム感覚でハイハイさせてみましょう!

【すぐできる!ハイハイ遊びのアレンジ方法】

  • 段ボールでトンネルをつくる
  • ふとんでお山をつくり、その上をハイハイする
  • 歌に合わせてハイハイ(歌が止まったらハイハイもストップ)
  • バランスゲーム(背中にお手玉を乗せて落とさないようにハイハイ)

バランスゲームが意外とおもしろいです。ハイハイしながら背中に何か乗せて進むって、した事ない子が多いんじゃないでしょうか?

いい具合に難しくて、いい具合に落ちにくいのがお手玉です。お手玉は他の遊びにも使えるのでいくつか持っておくと便利ですよ~!

ちょっと難易度上げるなら積木(←すべすべなので落ちやすい)やおもちゃの車がおすすめ。

あまりに軽いもの(洗濯ばさみとか)を乗せると、乗ってる感覚がなくて落ちた瞬間のスリルが味わえないのでオススメしません。

やっぱり落ちる瞬間が一番楽しいですね!

【関連記事】子どもが遊びながら体幹トレーニングできるオススメおもちゃ4選

しっぽ取りゲーム

保育園や体育の授業でも取り入れられているしっぽ取りゲーム!単純なので、幼児でもすぐに理解できます。

しっぽとなるのは家にある適当な紐やハンカチが定番ですね。

わが家ではもっと面白くするためにしっぽをアレンジしています♪

  • テイッシュ(破れやすくておもしろい!)
  • おしりふき(おしりがヒヤッとしておもしろい!)
  • ぬいぐるみ(ズボンにはさまってるだけで爆笑!)
  • ゴム手袋(おしりから手が出てるみたいでおもしろい!)
  • おむつ(おしりからオムツがおかしい!)
  • マラカス(動くたびにシャカシャカなって爆笑!)

とにかく「そこにあるべきではないもの」がおしりから見える、というのは子ども的にヒットする確率が高いです(笑)

しっぽ取りゲームのルールがまだイマイチ理解できなくても、何かおしりから見えながらただ走り回るだけでも楽しいのでおすすめです!

ジャンプ

ジャンプは筋肉、体幹、バランス感覚を鍛えるのにもってこい!

2歳だとまだジャンプできない子もいますが、ジャンプしよう!という気持ちで体を動かしていると、段々足が浮いてくるようになりますよ。3歳になるとジャンプが安定する子が多いようですね。

※ただし下の階に誰か住んでいる場合は注意!※

【すぐできる!ジャンプ遊びのアレンジ方法】

  • いろんな高さからジャンプ
  • いろんな柔らかさの上でジャンプ
  • けんけんぱ(フラフープがおすすめ)
  • リズムジャンプ(歌のリズムに合わせてジャンプ)

家が広いならトランポリンはほんとオススメ。体幹を鍛えるのにももってこいだし、楽しいのでずっとジャンプしてくれます。

うちはトランポリンがないので、とにかく布団の上でジャンプさせて体力使わせてます!

よっぽど退屈なときはソファやベッドでジャンプも解禁してます…!

ケンケンパも単純なように見えて、かなり高度な運動なんですよ。適切な高さをジャンプしないと足が引っかかってしまうし、着地もちゃんと狙わないと、丸の中に入れないですよね。

的当て、輪なげ、玉入れ

的当て、輪投げ、玉入れはどれも「何かを的に向かってなげる」という遊びですね。腕のコントロール、的と自分との距離、投げる強さなどいろんな神経を使えるおすすめの運動あそびです。

2歳だと本当に子どもによってできることが違います。ボールの大きさを買えたり、距離をちぢめたり、簡単すぎず、むずかしすぎす、ちょうどいいレベルで遊べるように調整してあげてくださいね!

的当ての的はなんでもいいです。定番はペットボトルですね。余裕があればペットボトルに画用紙でキャラクターなど描いてあげるとより楽しくなります。牛乳パックでもいいし、空箱、おもちゃなど立つものだったらなんでもOK!

並べ方も横一列だけではなく、縦並び、的と的をくっつけるなどバリエーションを作ると空飽きずに遊べます。

輪なげも簡単に手作りできます!棒の部分はペットボトル、輪っかは新聞紙ですぐに作れます。

一番わかりやすいのは玉入れですね!ただボール(か何か投げやすいもの)を箱にめがけて投げるだけ!

手のひらサイズのボールもいいですが、2歳児なら30センチ以上ある大き目のボールも全身を使えるので楽しいですよ!大きめのボールは100均でも買えます。

どのゲームでも大切なのは「難しくしない」こと!!!

2歳だとまだまだイヤイヤ期だったり、できないとすぐ飽きたりします。

難しいゲームは3歳や4歳になってからでも大丈夫です。

今はとにかく「できた!」と「楽しい!」を増やしてあげましょう!

マット運動

保育園などではマットを使いますが、わが家では普通の布団を使っています。

マットの上でハイハイ、ごろごろ遊び、でんぐり返りなどすればまるで体操教室のようになります!

わが家では布団や座布団をうまく組み合わせて、なんちゃってすべり台なんかも作ります。バランスの悪い布団の上を登るだけでも体力を使うのでいいですね。

布団の下にたくさんの座布団を敷けば、お山登りの練習にもなりますよ!

鉄棒

わが家では鉄棒と呼んでいますが、ただぶら下がってユラユラする遊びです。

腕と背中の筋肉がかなり鍛えられます。

わが家は即席の鉄棒として、サランラップの芯(一番長いの)に滑り止めとしてビニールテープを貼って使っています。

それを支えるのは親なので、大人の筋トレにもなります。正直しんどいですが…。

室内用の子供向け鉄棒なんていうのも売ってます!こちらの方が断然楽しいし安全で長く使えるのは間違いなしですね。

ただやっぱり置く場所に困るので、アパート住まいのわが家はあきらめました!

ジャングルジム

外に行かなくても体を目一杯使えると言えば室内ジャングルジム!ジャングルジムだけのものや、すべり台、ブランコが付いているものなど選べます。

外のすべり台は怖い!という子の練習用にもおすすめです(うちの長女も極度の怖がりだったので、まずは室内すべり台から慣れさせました!)

特に何日も家から出られないような季節(梅雨、真夏、真冬など)には重宝します。

【関連記事】何がちがう?アンパンマン【ジャングルパーク】シリーズ全6種類比較まとめ

ボール遊び

ボールを投げるのって腕以外にも背中から脚の筋肉まで使うし、バランス感覚も鍛えられます。柔らかいボールなら室内でも楽しめます!

投げるだけではなく、室内用ボールプールもあると重宝しますよ。組み立てておくだけで、ザブザブ遊んで楽しめます!水遊びよりもだいぶラクですね。

【すぐできる!ボール遊びのアレンジ方法】

  • ボール体操(股下をころがす、片手でバランスなど)
  • 玉転がし(大きめのボールを使う)

2歳におすすめの座ってできる指先遊び8選

ぬりえ

はみ出さないように枠の中に色を塗るのはかなり高度な技術です。目で線を確認して、狙ったところにクレヨンを持っていく。

娘が通っている療育でも「枠の中に描く」「枠の中に貼る」という作業は必ず毎回します。2歳の娘はまだまだ枠内に収まらないですが、1歳代に比べたら確実に上達しています。そうやって成長を分かりやすく実感できるのも、ぬりえのいいところですね。

もし手元にぬりえがなければ、パパやママが簡単に絵を描いてあげればいいですよ。

パズル

娘の場合、2歳になって型はめ系のパズルから、一般的なパズルにレベルアップしました。

初めてのパズルは2ピース、その次は9ピース、そして今は20~30ピースを一人でするようになりました。

場所を取らないし繰り返し使えるので、いくつか持っていると重宝します!

うちはキャラクター系(ガラビコぷ~とアンパンマン)、数字、英語、動物、ひらがななど様々なテーマのパズルを買いました。そのときの気分によってイラストが選べるので、飽きずに遊んでいます♪

知育ワーク

2歳になると、イスに座って遊ぶこともできるようになってきますね。

くもん学研から出版されている2歳児向けのワークや、100均の幼児向けドリルが便利です!

2歳児向けだと線つなぎ絵合わせハサミの練習用イラストなどがあります。ネットで検索すれば印刷できるものもありますよ。「お勉強」の練習に最適です。

毎日やると飽きてしまうので、雨の日や、お外遊びができない時にとっておくと特別感が出て集中してくれます!

【関連記事】2歳3歳におすすめの知育ワーク・ドリル19選

折り紙

2歳になると簡単な折り紙も作れるようになります。

コップなど身近なものから初めてみましょう!

できた折り紙にお絵かきをしたり、おままごとをして遊びを発展させることもできます。季節に合わせた折り紙作るのもいいですね。

折り紙を適当に折って「これはなんの形かな?」と聞いて遊ぶのも、想像力を使って楽しいですよ♪

お絵かき

白い紙に描くのはもちろんですが、新聞紙を広げてでっかくお絵かきしたり、普段使わないサインペンや絵具を使ってみるのも面白いです(まわりに付かないように気を付けて)。

いろんな素材に描いてみるのも楽しいですよ。うちでは画用紙以外に段ボール、アルミホイル、サランラップ、梱包用のぷちぷちなどに描いていろんな感触を楽しんでいます。サランラップやトイレットペーパーの芯に描くと立体面に描けますよ。

【関連記事】(レビュー)アンパンマン天才脳らくがき教室お絵かきボードを買ってみた!

【関連記事】プチプチ(エアパッキン)を使った超簡単、すぐできる遊び方アイディア4選

シール貼り

指先の運動に最適です!いろんな形や大きさ、キャラクターがついていたりキラキラだったり、様々なシールが売っています。

私がよく使うのは100均にもある丸のシールです。

すごく小さいサイズもあるので細かい作業のトレーニングになるし、たくさん入っているのでコスパいいし、ただの丸なのでそこにイラストを描いて想像力も鍛えられます。

100均に売ってるシールブックも、100枚以上シールがついていて貼ってはがせるのでおすすめです。

小麦粉粘土

2歳まではまだ口に入れてしまう危険があるので、普通の粘土より安全な小麦粉粘土が絶対おすすめ!

小麦粉、少量の食用油を混ぜるだけで簡単に作れます。食紅があれば色をつけて遊ぶこともできます。

娘の場合、2歳なりたての頃はただ指で押したり伸ばしたりするだけでしたが、2歳半過ぎてから何かを見立てて作れるようになりました。

いろんなものを使って、型取りをするのも楽しいですよ♪

小麦粉粘土や普通の粘土は手がベタベタするし…という方におすすめなのは、今話題の「砂の粘土」!

砂なのに形が取れて、柔らかいような硬いような今までに触ったことのない不思議な感触です↓

新聞ちぎり

一枚に広げた新聞って結構な大きさありますよね。

指先を使うのはもちろんですが、両手を使ってそれをちぎるのは腕、肩、背中の筋肉も使います。

それに破りやすい角度や向きもあるので、上手に破るには頭も使います。

新聞以外にも光沢があるチラシ(少し破りにくい)、ティッシュ(簡単に破れる)など、いろんな素材を試すと感覚の発達にもいいですよ。

最後に

風船遊びやマット遊び。普段している遊びでも、ちょっとした工夫を加えるだけでまた新しい遊びになりますね。是非お子さまと一緒に楽しんでみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA